メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup128『アルゴノーツ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup128『アルゴノーツ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

Data

■作出:ロサオリエンティス プログレッシオ

■花色:表弁濃いオレンジ・裏弁淡い黄色

■花型:中輪/ロゼット咲き

■香質:中香

■樹形:高さ1.5mのシュラブ

表弁が濃いオレンジ、裏弁が淡い黄色の宝珠弁が波打って重なるバイカラーのロゼット咲き。中央にはボタンアイ。中輪房咲き。

咲き進んで黄色みが抜け、表弁コーラルピンク・裏弁はオフホワイトに変化。四季咲き。ティーにグリーンの中香。

樹は高さ幅とも1.5mのまとまりの良いシュラブ。花名はギリシャ神話でコルキスの金羊毛を求めてアルゴー号で旅立つ英雄たちを指す。

2022年春発表のロサ オリエンティス プログレッシオ。

樹勢が強く、葉の耐病性がとても高い。

バラの家の必要な薬剤(殺菌剤)散布の「タイプ0」で年に2回の冬・夏の剪定後薬剤散布で葉をきれいに保つ。

庭なら半ばから後方に高めの木立として。段差剪定を行えばつるバラとしても。鉢植えにも。

花色の新たな領域に乗り出す“冒険”。裏弁と表弁の色が違う花色の表現を「バイカラーbicolour」(複色)と言う。

かつてはHTなどでは数品種あったが、現在のシュラブローズではあまりなく、逆に“新しさ”を感じる。

しかも育てやすい樹の性質を持っている。

アルゴノーツ

目に鮮やかな濃いオレンジと淡い黄色のバイカラー

アルゴノーツ

横から見るとよく分かる

アルゴノーツ

花の中央にはボタンアイ

アルゴノーツ

ティー・グリーンの香りが、ハーブと一緒にさわやかに香り立つ

著者紹介

玉置一裕

玉置一裕 Profile
バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup127『フレグランス ペルシカ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup127『フレグランス ペルシカ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup129『カレス』

Labyrinth バラの迷宮 pickup129『カレス』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン フローラガードAL

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup128『アルゴノーツ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup128『アルゴノーツ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram