メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup129『カレス』

Labyrinth バラの迷宮 pickup129『カレス』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

Data

■作出:京阪園芸F&Gローズ「ローズアロマティーク」

■花色:青みがかったピンクのグラデーション

■花型:花径7㎝/カップ咲き/四季咲き

■香質:中香

■樹形:高さ0.8mの木立性・横張り性

青みがかったピンク色の花弁は弁端に濃色をぼかす。花径7㎝のカップ咲きで、房咲きになる。

花付きがとても良く、春はびっしり20輪ほどの房になることも。花弁数60~80枚。四季咲き。フルーティな中香。

樹は高さ0.8mの半横張り性。枝は軟らかく細めでトゲは少なめ。

花名は、「愛撫」「抱擁」「風などが肌に心地よくあたる」などを意味。

2022年発表の京阪園芸F&Gローズ「ローズアロマティーク」。

‘フィネス’‘リヴレス’の姉妹品種。花色はいちばん淡く、花付きはもっとも良く、散るまでカップを保つ。

初期生育はやや遅い。葉はうどんこ病に耐性があり、黒星病にはやや強い。

カレス

青みをおびた淡いピンク。散るまでカップを保つ。

カレス

細長い萼が下がってくると、周囲に濃色をぼかす蕾が丸くふくらむ。

カレス

どこかオールドローズを思わせる。

著者紹介

玉置一裕

玉置一裕 Profile
バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup128『アルゴノーツ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup128『アルゴノーツ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup130『クルール デ ラムール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup130『クルール デ ラムール』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン フローラガードAL

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup129『カレス』

Labyrinth バラの迷宮 pickup129『カレス』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram