メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup140『敦煌(とんこう)』

Labyrinth バラの迷宮 pickup140『敦煌(とんこう)』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 日本 ロサオリエンティス プログレッシオ
花色 クリーム色の中大輪
花型 半剣弁高芯咲き~ロゼット咲き
香質 ティーにグリーンの中香
樹形 高さ1.2×幅1.0mの木立性

耐病性が高い“新世代のHT”。花はクリーム色の中大輪で、黄色とのクラデーションに咲くことも。

半剣弁高芯咲きから、おおらかなロゼットに咲き進む。ティーにグリーンの中香。四季咲き。

花保ち良く、切り花にも向く。

樹は高さ1.2×幅1.0mの木立性。耐病性が高く、年に5回の剪定後ごとの殺菌剤散布で一年間美しい葉を維持。

バラの家のタイプ1。花名はシルクロードのオアシス都市近隣にある仏教遺跡、莫高窟(ばっこうくつ)のそびえたつ姿をイメージして命名。

2022年秋発表のPRG。

青みの強いマットな質感の葉は耐病性が高い。

通常HTは樹勢はあるが耐病性に劣る品種が多かったが、ロサ オリエンティスではここ数年‘ベン ウェザースタッフ’‘メアリー レノックス’‘エリーゼ’など、HTスタイルの特長~〇大輪から中大輪〇四季咲き〇樹は半直立性の木立性~で、耐病性が高い品種を発表。

‘敦煌’もその一つで、咲き始めの半剣弁高芯咲きがカッコイイ。

咲き進んで丸いロゼット咲きになったときも花の魅力は十分。

敦煌

咲き始めは、幅広い花弁が外側に反りかえって花芯を巻き上げて盛り上がる、半剣弁高芯咲き

敦煌

マットな質感の葉を秋にもたくさん茂らせる

敦煌

咲き進んで花全体が大きくなり、おおらかなロゼット咲きに

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup139『マーサ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup139『マーサ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup141『アレキサンドラ ダビッド ニール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup141『アレキサンドラ ダビッド ニール』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン バラのストレスブロック

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup140『敦煌(とんこう)』

Labyrinth バラの迷宮 pickup140『敦煌(とんこう)』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram