メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup139『マーサ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup139『マーサ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 ロサオリエンティス プログレッシオ
花色 ごく淡いピンクから淡いピンクのグラデーションの中輪
花型 ロゼット咲き
香質 ダマスク+ティー、グリーンの中香
樹形 高さ1.8×幅1.5mのシュラブ

緑色を感じる蕾から開きはじめ、ほんのりとしたピンクから淡いピンクへのグラデーションの、おおらかな花に開花。花芯を少し覗かせることも。

ロゼット咲き中輪・房咲き。

花色は日射量や気温、肥料等で微妙に変化し、春や高温期には白からほんのりピンクへのグラデーションとなったり、中央が濃いめのピンクに咲くことも。四季咲き。

ダマスクにティーとグリーンの清々しい香り。

葉の耐病性が高く、年2回の剪定後の殺菌剤散布で葉をきれいに保つバラの家のタイプ0。

樹は高さ1.8×幅1.5mのまとまりの良いシュラブ。つるバラとしても育てられる。2022年春発表のロサ オリエンティス プログレッシオ。

花名は小説『秘密の花園』で主人公メアリー・レノックスのお世話役。孤児で気難しく育ったメアリーを特別扱いすることなく、生き生きと子供らしく成長させた。

‘シャリマー’と同じ実親で、花粉親は‘ペネロペイア’(‘シャリマー’はシェエラザード’)。花はよりふくよかに。

樹は‘シャリマー’よりタテに大きくなり、無理なくつるバラ仕立てができる。

 

マーサ

ごく淡いピンクのグラデーションのふんわりとした花。黄色い花芯を覗かせる

マーサ

中央が濃いめのピンクで咲くことも(写真:バラの家)

マーサ

草花とも違和感なく庭の景色に溶け込む。オルラヤと。

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup138『アンファン ドゥ コライユ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup138『アンファン ドゥ コライユ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup140『敦煌(とんこう)』

Labyrinth バラの迷宮 pickup140『敦煌(とんこう)』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン バラのストレスブロック

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup139『マーサ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup139『マーサ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram