Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる ミニトマト栽培を始めよう!植えつけのコツや育てるときの注意点は?|ビギナーさんがやりがちな失…

植物の種類から調べるSEARCH

ミニトマト栽培を始めよう! 植えつけのコツや育てるときの注意点は? |ビギナーさんがやりがちな失敗4つ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

夏の家庭菜園の定番、ミニトマト。今まさに栽培中、もしくはこれから栽培してみようと考えている方は多いのではないでしょうか。ミニトマトは初心者向けの野菜ですが、育て方には少々コツが必要です。いざ育て始めてみたものの、「枯れてしまった」「実が赤くならなかった」「甘みが薄くて美味しくなかった」といった声も。そこで今回は、ミニトマトの基本的な育て方や病害虫対策、収穫のコツに加え、栽培でありがちな失敗の原因や、それぞれの対処法についてご紹介します。

 

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88_2

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

 

ミニトマトを植えつけよう

ミニトマトを育てるときは、苗を購入するのがおすすめです。まずは、ミニトマトの植えつけ時期や苗選びのコツ、植えつけ方法などについてご紹介します。

 

植えつけ時期

ミニトマトは種からでも苗からでも育てられますが、ビギナーさんの場合は苗を購入するのがおすすめです。種まきをする場合は3月~4月、苗を植えつけするなら4月下旬~6月に作業を済ませましょう。暖かい環境を好むため、霜の降りる時期は避けるのがポイントです。もし植えつけた後に寒くなることがあったら、暖かい場所へプランターを移したり、不織布で覆ったりして防寒します。

 

苗選びのコツ

ミニトマトに限らず、植物の苗を選ぶときは、虫がついていないかチェックしましょう。虫食いのあとがあるものも、株が弱っている可能性があるため避けたほうが無難です。また、苗全体を見て、茎が太めでがっしりとしているものがおすすめです。ひょろひょろと徒長して、弱々しいものはうまく育てられないかもしれません。葉の色が濃く、ピンと張っているものは元気です。また、一番花(一つの株のなかで一番はじめに咲いた花)が咲いている苗は育てやすいのでおすすめです。

 

植えつけ方法

苗を購入したら、すぐにプランターや畑へ植えつけましょう。小さなポットに入れたままだと、ミニトマトをすくすくと育てることができません。

プランターへ植えつけるときは、鉢底ネットで底の穴をふさぎ、鉢底石を敷いてから土を入れ、根鉢よりも一回り大きな植え穴を掘ります。苗を優しくポットから出し、植え穴に置いたら土をかぶせましょう。倒れてしまうのを防ぐため、しっかりと土を寄せてあげるのが大切です。

また、ミニトマトが大きくなってくると倒れやすくなるため、植えつけ時に支柱を立てておきましょう。支柱の大きさは150cm以上がおすすめです。茎を固定する際は麻紐などで8の字にゆるく結びます。きつく固定して傷めないよう、優しく扱いましょう。

植えつけが済んだら水をたくさん与えます。プランターの底から流れ出てくるくらいが目安です。

 

ミニトマト栽培で気をつけたい病害虫

ミニトマトの栽培時は、病害虫の被害にも気を配ることが大切です。できるだけ予防や対策をして、美味しいミニトマトの収穫を目指しましょう。

 

アブラムシ対策

ミニトマトに発生しやすい虫のひとつがアブラムシです。茎や葉の裏などについて汁を吸い、ミニトマトを弱らせてしまいます。ウイルスを媒介することもあるため、見つけ次第すぐに駆除することが大切です。

アブラムシが少ない場合は一つひとつ取り除いても良いですが、大量に発生すると駆除が追いつかないこともあります。そういった場合は、HJ ブルースカイ粒剤などの薬剤をバラまくようにのがおすすめです。

また、専用の薬剤を使っておけば、アブラムシの発生を予防できることもあります。被害を防ぐために、ぜひ活用しましょう。

 

うどんこ病対策

うどんこ病は、葉にうどんこのような白い粉がつく病気です。うどんこ病にかかっている葉を見つけたら、これ以上広がらないように切り取っておく必要があります。

うどんこ病は、日当たりと風通しの悪い場所で発生しやすいのが特徴です。ミニトマトを植えつけるときは株間を十分にあけ、密植を避けましょう。

また、うどんこ病は、チッソ成分を与えすぎることでも起こりやすくなると言われています。各種成分がバランスよく配合された野菜用の肥料を選びましょう。今日から野菜 野菜の肥料は、カルシウムをはじめ、野菜の生育に必要な成分と有機成分をバランスよく配合しているのでおすすめです。

 

尻腐れ症対策

尻腐れ症とは、果実の尻などが黒ずんでしまう病気です。放っておくと、果実全体が腐っていきます。一度尻腐れ症になったミニトマトを回復させることは困難なため、見つけたらすぐに摘み取りましょう。

尻腐れ症は、カルシウム不足のときに発生しやすいとされています。土づくりの際に石灰を混ぜておくことで、尻腐れ症を予防しましょう。尻腐れ症予防には、カルシウムが配合された植物用活力液リキダスを与えましょう。

 

 

ミニトマトを収穫しよう

ミニトマト栽培のだいご味である収穫。美味しい果実を食べるには、収穫のタイミングや方法を把握しておくことが大切です。こちらでは、ミニトマトの収穫に関する知識をご紹介します。

 

収穫時期

ミニトマトの収穫時期は、7月~8月にかけてです。一番花が開いてから約50日で収穫できるようになります。環境によって収穫のタイミングは前後するため、こまめに様子をチェックしておきましょう。

果実全体が濃い赤色に染まり、ヘタの部分が丸まっているものが食べごろです。収穫のタイミングを逃すと実が割れてしまうため気をつけましょう。

 

収穫方法

ミニトマトは、手やハサミで収穫するのが基本です。実がついた茎の部分から摘み取っていきましょう。

ミニトマトはひとつの株にたくさん実をつけます。長期間収穫を楽しめるのが魅力ですが、後半になると葉が枯れてきてしまいます。枯れた部分は順次カットしていきましょう。

 

収穫後の抜き取り

基本的に、ミニトマトは1シーズンで枯れていきます。収穫できる実がなくなったら、苗を抜き取って片付けましょう。支柱や紐を外し、茎は程よい長さで切っておくと捨てやすくなります。

土については自治体によって分別の仕方が違うため、お住まいの地域のルールを確認しましょう。ほかの野菜を育てるために再利用する場合は、連作障害を避けるための処理が必要です。

まずは余計なものが混ざらないようにふるいにかけます。土の中の栄養分が偏らないよう、ハイポネックス 土のリサイクル材などの土壌改良剤を混ぜて1カ月以上放置しましょう。

 

 

 

 

ミニトマト栽培の注意点!ビギナーさんがやりがちな失敗4つ

 

a

 

鉢やプランターの深さが足りない

ミニトマトを植えつける際に確認しておきたいのが、苗を植える鉢やプランターの深さについて。

浅すぎる鉢やプランターを使用していると、根がしっかりと伸びることができないため、実の生育に悪影響を与えることがあります。深さが30cm以上ある鉢やプランターを使用するようにしましょう。地植えにする場合は土を深くまで耕し、根が伸びやすい環境をつくっておくのが大切です。

 

水を与えすぎている

ミニトマトは、雨が少なく日照量の多い南米アンデス地方を原産とすることから、乾燥に強い性質を備えています。そのため、ミニトマトに過度な水やりはNG。水を与えすぎると、根腐れを起こしたり、実の甘みが落ちたり、実が水分を含みすぎて膨張し割れてしまったりします。

水やりは、土の表面が乾いてから鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと与えるようにしましょう。また、水やりの際は葉や茎に水がかからないようご注意を。葉や茎に水がかかると、蒸れて病気にかかりやすくなることがあります。

 

わき芽かきをしていない

a

 

「できるだけたくさんの実をつけたい」と思っても、枝や葉を生い茂らせるのはよくありません。それでは枝を伸ばすことのほうに栄養素が使われてしまい、実に栄養が行き渡らなくなってしまいます。また、葉が生い茂ることで葉同士が影をつくり、十分に日光が当たらなくなることもあります。
このような状態を防ぐために、茎の根元から出ている小さな芽を切り下ろす「わき芽かき」を行いましょう。わき芽かきは、ミニトマトの育て方においてとても重要な工程ですので、しっかりとやり方をマスターしてくださいね。

👉芽かきの方法はこちらをチェック
摘芯・剪定・病害虫対策はどうすればいい?ミニトマトの上手な育て方

 

摘心をしていない

ミニトマトは放っておくと、ぐんぐん生長して大きくなっていきます。植物が生育していく様子を見るのは嬉しいものですが、実をしっかりとつけたいのであれば、大きく育てすぎるのはよくありません。背丈が伸びすぎると、茎や葉の方に栄養がいってしまい、実のつきが悪くなったり実の味が悪くなったりしてしまいます。そこで必要となるのが、ある程度の大きさになったら茎の頂上を切り落とす「摘心」という作業です。茎が伸びるのを意図的に止めることで、実の生育を促すことができます。

ただし、摘心の際は、花のついた部分まで切り落とさないように気をつけましょう。通常は、6~7花房残します。一番うえの花房の上に、葉を2~3枚残してカットするのがポイントです。

 

 

おわりに

ミニトマトは、家庭菜園が初めての方やお子さまにもおすすめの育てやすい野菜です。ビギナーさんにありがちな失敗例も参考に、ぜひ栽培にチャレンジしてみてください。病害虫にも気をつけて、美味しいミニトマトの収穫を目指しましょう。

 

 

動画でわかりやすく!HYPONeX Smile

『ミニトマトのお手入れ』

HYPONeXのYouTubeチャンネルは植物の楽しみ方が充実しています。
是非、ご覧ください。 
https://www.youtube.com/user/HYPONeXJAPAN

 

 

川瀬良子さん

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

夏の家庭菜園の定番、ミニトマト。今まさに栽培中、もしくはこれから栽培してみようと考えている方は多いのではないでしょうか。ミニトマトは初心...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future