Plantiaトップ 学ぶ 【家庭菜園】オクラは初心者にぴったり!夏の収穫を楽しむためには

学ぶSTUDY

【家庭菜園】
オクラは初心者にぴったり! 夏の収穫を楽しむためには

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

夏に旬を迎えるオクラは、家庭菜園の初心者にもぴったりの野菜です。ひとつの株にたくさんの実がなり、長く収穫を楽しむことができます。今年の夏は、オクラ栽培にチャレンジしてみませんか?今回は、オクラの基本的な育て方や管理方法についてご紹介します。

オクラの図鑑情報

科名:アオイ科
原産地:アフリカ
分類:一年草
耐寒性:弱い
耐暑性:強い
栽培適温:20℃~30℃
種まき時期:5月
植えつけ時期:5月
収穫時期:7月~10月

暑いところでよく育つ! 夏野菜として人気のオクラ

オクラの原産地はアフリカの北東部です。本来は多年草ですが、日本の気候では冬越しが難しく、一年草として育てられています。暑さには強いため、夏に収穫できる野菜として人気です。ひとつの株から次々と花を咲かせて実をつけるため、適切に管理できればたくさん収穫が行えます。

 

栄養豊富な夏野菜

オクラは栄養豊富で夏野菜として人気です。独特のネバネバは、ペクチンやガラクタン、アラバンなどの食物繊維に由来するものです。とくにペクチンは、整腸作用があることで知られています。ほかにも、オクラにはβカロテンやビタミンB1、ビタミンCなどが豊富に含まれています。暑い季節でも元気に過ごしたいときは、ぜひオクラを使った料理を食べてみましょう。

 

品種豊富なオクラ

オクラにはさまざまな品種があります。主に異なるのは実の形や色です。赤い実をつけるものや、断面が五角形のもの、丸いものなど、幅広い種類があります。変わり種としては、花の部分を食べる「花オクラ」が知られています。

ふんわりと柔らかいオクラの花は、実とおなじようにネバネバしており、サラダや天ぷらなどに使われます。実の大きさも品種によって異なります。よく見かけるオクラは実が10cm程度ですが、なかには20cmを超えるまで大きくなるものも。ぜひ育ててみたい品種を探してみましょう。

 

初心者にもおすすめのオクラの品種

3-1

オクラは、形によって丸莢種・五角種・多角種などの種類に分けられます。丸莢種は、莢(サヤ)の断面が丸くなっているものです。五角種は断面が五角形のもの、多角種は断面が六角形や八角形などになる品種となります。

一般的に広く知られているのは五角種で、角オクラとも呼ばれます。丸莢種は丸オクラともいわれ、沖縄の島オクラが代表的な品種です。以下では、初心者にも育てやすいおすすめの品種をピックアップしてご紹介します。

 

島オクラ(丸オクラ)

島オクラは沖縄の在来種とされる品種です。丸い莢をしていることが特徴で、柔らかく食べやすい点が特徴とされます。よく見られる角オクラと比較すると細長い形状をしています。莢を15cm程度まで伸ばしても柔らかいまま食べられるのが魅力です。

 

ヘルシエ(丸オクラ)

島オクラ同様、丸莢系のオクラの一種です。淡い緑色をしており、食べてみると強い粘り気を感じられます。莢は肉厚で柔らかめです。

 

クリムソン・スパインレス(多角種)

断面が六~八角形の多角種のオクラです。草丈は大きめで、2mほどまで生長することも。莢はきれいな緑色をしています。花の美しさも楽しめるとされる品種です。

 

ピークファイブ(五角オクラ)

五角形の断面をしている、一般的な形状のオクラです。草丈は小さめで、ベランダ菜園のようにスペースが狭くても栽培しやすいメリットがあります。

 

苗の選び方

苗は、下葉が落ち枯れているような苗は避け、葉がしっかり濃い色のものを選びましょう。株元がグラグラしていたり、徒長してひょろひょろとしていたりする苗も避けます。根がよく張っていてポットの底穴から根が見えるような、株元ががっしりしているものがおすすめです。ただし、ポットの穴から茶色い根がたくさん出ているものは、根が傷んでいる可能性があるため気をつけましょう。

 

収穫時期

オクラの収穫適期は7月~10月にかけてです。 花は1日で散ってしまいますが、その後にすぐ実をつけます。開花後1週間ほどで収穫できるため、タイミングを逃さないように気をつけましょう。

 

 

プランターでも簡単!オクラの育て方

オクラはプランターでも育てられる野菜です。ベランダ菜園にチャレンジしたい方にもおすすめできます。ぜひ夏にぴったりのオクラを育ててみましょう。こちらでは、オクラの基本的な育て方から収穫までをご紹介します。

 

栽培場所

オクラは日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも十分に育てることができます。強い日光でも耐えられるため、初心者にも育てやすい植物です。風通しの良さにも配慮しましょう。

 

連作障害などの注意点

オクラは連作障害を起こすことがある植物です。同じアオイ科の植物を育てた土を再度利用するのは止めましょう。

また、オクラは縦に背が伸び、根もまっすぐ伸びる直根性なので、株間は狭くても育ちます。20~40cm程間隔をあけて育てましょう。株間に他の野菜を一緒に育てることもできますが、ニンジンやゴボウなどの混植は、害虫を増やす原因になるため避けたほうが無難です。

 

土づくり

オクラは水はけの良い土を好みます。プランター栽培の場合、『今日から野菜 野菜を育てる土』がおすすめです。

地植えの場合、植えつけの2週間前までに堆肥と苦土石灰を混ぜて耕しておきます。プランター栽培も地植えも元肥として『今日から野菜 野菜の肥料』を土に混ぜ込んでおきましょう。

 

種まき、育苗

オクラは種から育てられます。10℃以下では生育が停滞してしまうため、暖かくなってから種まきを行いましょう。地域にもよりますが、適期は4月~5月です。また、オクラの種はかたく、そのまま土へまいても発芽しないことがあります。種まき前に1日だけ水につけると発芽しやすくなるでしょう。

種は育苗ポットにまくか、プランターや畑に直まきします。深さ2cmほどの小さな穴に種を入れ、土をかぶせましょう。種まきが終わったら、たくさん水をあげて暖かい場所で管理します。日光にたくさん当ててあげるのも大切です。発芽してしばらくたったら、元気な株を残して間引きましょう。

 

苗の保温

3-2

オクラの種の発芽適温は25℃~30℃ともいわれています。種まきの時期によっては、念のために防寒対策をしておくことがおすすめです。トンネルを張って苗を保温しましょう。

 

トンネルの張り方

トンネルを張る場合は、トンネル用の支柱や被覆資材、固定用のトンネルパッカーなどを用意します。トンネルパッカーは洗濯ばさみなどでも代用可能です。

被覆資材にはさまざまな種類があります。苗の保温を目的とする場合、ビニールフィルムや寒冷紗、不織布などをかけます。トンネル支柱は、ひとつずつ土に挿して立てていきます。基本は地面に向かって垂直に立てますが、両端のものだけは斜めに挿します。

被覆資材で支柱を覆ったら、端のほうを押さえて固定しましょう。杭を打つ、重しを乗せるなどの方法で、資材が飛ばないように工夫します。支柱と被覆資材は、適宜固定しましょう。

 

マルチビニールの張り方

畑に直接種まきしたい場合はマルチビニールを張っても良いでしょう。土づくりの後、畝を立てて整えたらマルチシートをかけていきます。まずは端に土を寄せて仮押さえし、たるまないように引っ張っていきましょう。固定の際はUピンを使用します。風で飛ばないよう、土や石を使って重しにしましょう。最初から穴が開いているシートもありますが、ない場合は刃物を使ってあけていきます。また、できるだけ風のない日を選んで作業すると、ビニールがあおられて飛ぶことがなくなります。

 

植えつけ

本葉が5枚~6枚になったら植えつけ適期です。適温を保てるよう、暖かくなってから植えつけ作業を行いましょう。

育苗ポットから取り出す際は、根鉢を崩さないよう優しく扱います。プランターの場合、株間は20cm程度あけます。地植えの場合、株間は40cm以上あけましょう。土を盛って畝をつくり、排水性を高めておくのがおすすめです。

プランターの場合

深さ30cm以上の鉢を準備しましょう。草丈があまり高くならない品種を選ぶのも有効です。

地植えの場合

4月~5月上旬に行う場合、朝晩冷え込むことがあるため、マルチングをしてあげましょう。病害虫予防にもなります。

 

水やり

オクラは乾燥に強いものの、水切れすると株が弱くなります。実がつくのは遅くなり、品質が落ちてしまうこともあります。とくに乾燥しやすい夏場は水をたくさんあげましょう。

夏の水やり

夏場は、晴れた日が続く場合、プランターの土を確認して朝晩2回水やりをしてもかまいません。とくに実が付き始めたら、しっかり水を与えましょう。地植えの場合、特別な水やりは不要ですが、雨が何日も降らず乾燥している場合は、水を与えましょう。

冬の水やり

日本ではオクラの冬越しができません。15℃以下にならないような環境で管理できれば冬越しできますが、その場合、水やりは控えめに。基本的には、一年草として扱いましょう。

 

肥料

オクラは肥料を好みますが、肥料を吸収する力が強いため、元肥が多すぎるとかえって徒長したり、実つきが悪くなったりします。そのため、植えつけ時に元肥を与える際は適量を施すように気をつけましょう。元肥には、野菜栽培のために必要な成分がバランスよく含まれた『今日から野菜 野菜の肥料』がおすすめです。

その後は、一番果を収穫するタイミングで『今日から野菜 野菜の肥料』又は1週間~10日に1回の頻度で液体肥料「ハイポネックス原液」を使い追肥を行います。オクラは次々と花を咲かせて実をつけていくため、追肥でしっかりと栄養を与えてあげましょう。

肥料が足りない場合は、オクラの勢いが弱くなります。とくに、生長点と花の咲く位置が近くなってきたら、肥料不足の可能性があります。生長点とは、植物の茎や根などの先端にある部分のこと。細胞分裂が活発に行われており、生長するにつれて伸びていくのが基本です。理想は花の上に葉が3枚ある状態がある状態です。

また、肥料切れを起こしたオクラの葉は、正常なものと比べて小さく色が薄くなってしまいます。葉が極端に小さくなってしまったら、肥料不足を疑ってみましょう。

 

土寄せ

肥料をあげたら土寄せをして株元の土を集めます。株が倒れないように支えてあげましょう。

 

収穫

 

adobestock_283959512-min

 

オクラは、種まきから2カ月ほどたつと、ふわふわとしたきれいな花を咲かせます。花は1日で散ってしまいますが、その後にすぐ実をつけます。収穫適期は7月~10月にかけてです。寒冷地では収穫期間が8月~9月の暑い時期に集中しますが、暖地ではより長く収穫できます。

収穫やお手入れなどの際に気をつけたいのが、手へのダメージです。オクラには細かいトゲが生えており、素手で触るとかぶれてしまうことがあります。気になる方は、農業用の手袋などで保護して作業するとよいでしょう。

オクラの実は、基本的に若く柔らかいものを収穫します。大きくなると、筋張ってしまい、タネも固く食べられなくなってしまうので、大きくなりすぎてから収穫するより、小さくても早めに収穫したほうがよいでしょう。タイミングを逃さないように、こまめに様子を観察しましょう。基本的には、花が咲いてから5日程度で収穫が行えます。5角オクラは7~8cm、丸オクラは12~15cm以内のときがベストなタイミングです。柔らかいうちに、根元からハサミで切り取って収穫しましょう。

 

 

オクラ栽培で起こりがちなトラブル

オクラは育てやすい野菜ですが、以下のようなトラブルが起こることもあります。予防・対処方法を覚えておくと良いでしょう。

 

発芽率が悪い

オクラは発芽率が高い野菜とはいえず、種をまいてもすべて芽を出さないことがあります。できるだけ多くの種から芽を出させるためには、発芽適温に気をつけましょう。25℃~30℃の地温が保てる時期に種まきすることがおすすめです。

また、種からではなく苗から育てる選択肢もあります。とくに、少量のみを育てる場合は、苗から始めたほうが効率的かもしれません。

 

実がならない

オクラの実がならない場合、つるボケ(木ボケ)している可能性があります。つるボケとは、葉や茎ばかりが茂って実つきが悪くなる状態のことです。肥料の与えすぎが原因になることがあります。オクラに適した成分の肥料を与えているか、施肥の量や頻度は適切かをチェックしてみましょう。

 

曲がり果・いぼ果の発生

オクラを育てていると、莢がくるりと曲がった「曲がり果」や、オクラの表面にブツブツとしたイボが生じた「いぼ果」など変形した実が生えてくることがあります。これらは、病気ではなく、ストレスにより生じた生理障害です。それぞれ、風通しの悪さや日照不足、害虫など、さまざまな理由が考えられます。原因を特定してから対処することが重要です。ちなみに、生理障害ですので、曲がり果やいぼ果は食べても問題ありません。

 

実のネバネバがない

収穫したオクラを食べてみると、特有のネバネバがないことがあります。基本的に、収穫のタイミングがはやすぎる場合に起こるトラブルのため、収穫適期を見極めることが対策となります。上記の収穫期の実の大きさを基準に、開花から1週間をめどに摘み取れるよう調整しましょう。

 

実がかたい

オクラは収穫が遅くなるほど莢がかたくなっていきます。品種に応じたタイミングを覚えておき、収穫することが大切です。

また、乾燥によってかたくなっているケースも考えられます。土の乾燥が見られる場合は、水を与えておきましょう。

 

 

オクラ栽培で気をつけたい病害虫対策

オクラ栽培では、アブラムシやうどんこ病など、気をつけておきたい病害虫がいくつかあります。被害を最小限に抑えるため、対策方法を確認しておきましょう。

 

アブラムシ対策

オクラを栽培する際に注意したい害虫の代表格がアブラムシです。気づいたら新芽や葉などにたくさん発生していることがあります。見つけ次第すぐに取り除きましょう。放置しているとオクラが枯れる原因になります。

予防のひとつとして、シルバーマルチを使う方法があります。シルバーマルチとは、銀色で光を反射しやすいマルチのこと。アブラムシを寄せ付けにくくなる効果があるといわれています。

ただし、上記のような対策をしていても、どこからか飛来したアブラムシが付着して増えてしまうことがあります。防除が難しいときは、専用薬剤を使うのもおすすめです。大切な野菜をアブラムシから守りましょう。

 

カメムシ対策

悪臭被害が印象的なカメムシですが、野菜や果物などの株を吸汁して、株を枯らせる原因になることがあります。カメムシを発生させないため、周辺の雑草はできる限り抜いてきれいにしておきましょう。落ち葉や花がらなども積もったままにせず、こまめに掃除します。

 

うどんこ病対策

うどんこ病は、糸状菌と呼ばれるカビが原因の病気です。発症すると葉にうどんこをまぶしたような白い模様が現れます。放置しておくと広がってしまい、最終的には枯れるため、すぐに取り除きましょう。薬剤を使って殺菌しておくことも大切です。また、予防のために風通しの良い環境をつくってあげましょう。

 

モザイク病

モザイク病は、ウイルスによる病気です。アブラムシをはじめとする害虫によって媒介されます。花びらや葉にモザイクのような模様が生じ、進行すると実にも影響が出てきます。モザイク病を媒介する虫の発生を予防して対策しましょう。発症したらひとまず虫を駆除し、被害が出ている株は抜き取って処分します。ほかの株に被害が広がるのを防ぎましょう。

 

苗立ち枯れ病対策

苗立ち枯れ病は糸状菌が原因となって発症するとされている病気です。発症すると腐敗が進み、苗が倒れて枯れてしまいます。糸状菌は高温多湿の環境を好むため、梅雨の時期にはとくに注意しましょう。また、苗立ち枯れ病は連作した場合に発生しやすくなることがあります。同じアオイ科の植物を植えた用土は使わず、別の土へ植えたほうが良いでしょう。

 

 

オクラを美味しく収穫するための管理方法

美味しいオクラを収穫するためには、適切に管理してあげるのが大切です。最後に、オクラの収穫までの管理方法についてご紹介します。

 

整枝・摘葉

オクラは風通しの良い環境を好みます。枯れた葉を見つけたら、その都度摘み取ってあげましょう。収穫後、実のついていた節の下の葉はカットします。節から1~2枚下の葉は残して摘葉しましょう。そうすることで風通しが良くなるほか、上部につく実へ栄養を回すことができます。

ただし、元々の葉の数が少ない場合は、摘葉しないほうが良いことがあります。株全体に葉が足りず、スカスカとした印象があるときは、草勢が弱まっている可能性があります。茎が通常よりも細い、葉の色が薄い、葉の切れ目が深くなっているなども、生育が弱まっているサインです。摘葉を控えて様子を見ましょう。実の下にある葉はすべて取らず、4枚~5枚は残しておきます。それよりも下についている葉は取り除いてかまいません。栄養を取られないよう、脇芽も摘み取ってしまいましょう。

反対に、草勢が強すぎる場合は、茎が太くなりすぎ、葉は大きく濃い色になっていきます。葉のギザギザは浅くなるのが基本です。実がついている節のすぐ下の葉からすべて取り除いてしまいましょう。

 

支柱立て

オクラは種まきからしばらくは生育が遅いものの、あとからどんどん大きくなっていきます。草丈は1m~2mになるのが基本です。そのままだと倒れてしまうことがあるため、支柱を立ててあげましょう。支柱をオクラの横に立てたら、ひもでゆるく結びます。結び目が茎に当たると傷んでしまうことがあるため、支柱側に結び目をつくりましょう。

 

 

おわりに

オクラは育てやすく、一株から収穫できる数も多いのが魅力です。初心者でも家庭菜園の楽しさが味わいやすい野菜といえます。とくに育てやすい品種を選ぶことで、栽培を楽しみやすくなるはずです。ご紹介したトラブルや病害虫対策などにも気を配りながら、夏の収穫を目指して、ぜひご自宅でオクラを育ててみてはいかがでしょうか。収穫後の食事を楽しみに、こまめにお手入れしながら栽培していきましょう。

 

 

 

 

オクラにおすすめの商品|粒状肥料『今日から野菜 野菜の肥料』

粒状肥料『今日から野菜 野菜の肥料』は、バラまくだけの初心者でも簡単に扱える肥料です。 野菜の生育に必要な成分(N:P:K=8:8:8、マグネシウム、カルシウム、微量要素他)と有機成分をバランスよく配合し、野菜栽培で起こりやすいカルシウム欠乏症を防ぎます。 ゆっくり長く効き続けるので肥料不足を起こさず、野菜が元気に育ちます。

☘58:オクラの育て方|植えつけ方法や日々の管理、プランターでの育て方や収穫のコツなどご紹介

植物の疑問をQ&A形式で回答していく「PlantiaQ&A」(プランティア)  

植物に関する良くある疑問にお答えしていきます。

公開: 2020年8月31日 

更新:20212年5月30日

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

マグァンプK 中粒

土に1回混ぜ込むだけで長く効く元肥!(約1年間の効きめ)

●いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く効き続け、植物の生育を良くします
●リンサン(P)の効果で、花・実つきを良くすることはもちろんのこと、根の伸長を促進する効果もあります
●草花・球根・プランターなど、いろいろな植物に適しています N-P-K-Mg=6-40-6-15 マグネシウム配合

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

夏に旬を迎えるオクラは、家庭菜園の初心者にもぴったりの野菜です。ひとつの株にたくさんの実がなり、長く収穫を楽しむことができます。今年の夏...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future