Plantiaトップ 学ぶ 【家庭菜園】オクラは初心者にぴったり!夏の収穫を楽しむためには

学ぶSTUDY

【家庭菜園】
オクラは初心者にぴったり! 夏の収穫を楽しむためには

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

夏に旬を迎えるオクラは、家庭菜園の初心者にもぴったりの野菜です。ひとつの株からたくさん収穫できるのも魅力です。今年の夏は、オクラ栽培にチャレンジしてみませんか?今回は、オクラの基本的な育て方や管理方法についてご紹介します。

暑いところでよく育つ! 夏野菜として人気のオクラ

オクラの原産地はアフリカの北東部です。本来は多年草ですが、日本の気候では冬越しが難しく、一年草として育てられています。暑さには強いため、夏に収穫できる野菜として人気です。ひとつの株から次々と花を咲かせて実をつけるため、適切に管理できればたくさん収穫が行えます。

 

栄養豊富な夏野菜

オクラは栄養豊富で夏野菜として人気です。独特のねばねばは、ペクチンやガラクタン、アラバンなどの食物繊維に由来するものです。とくにペクチンは、整腸作用があることで知られています。ほかにも、オクラはβカロテンやビタミンB1、ビタミンCなども豊富に含まれています。暑い季節でも元気に過ごしたいときは、ぜひオクラを使った料理を食べてみましょう。

 

品種豊富なオクラ

オクラにはさまざまな品種があります。主に異なるのは実の形や色です。赤い実をつけるものや、断面が五角形のもの、丸いものなど、幅広い種類があります。変わり種としては、花の部分を食べる「花オクラ」が知られています。ふんわりと柔らかいオクラの花は、実とおなじようにねばねばしており、サラダや天ぷらなどに使われます。実の大きさも品種によって異なります。よく見かけるオクラは実が10cm程度ですが、なかには20cmを超えるまで大きくなるものも。ぜひ育ててみたい品種を探してみましょう。

プランターでも簡単!オクラの育て方

オクラはプランターでも育てられる野菜です。ベランダ菜園にチャレンジしたい方にもおすすめできます。ぜひ夏にぴったりのオクラを育ててみましょう。こちらでは、オクラの基本的な育て方から収穫までをご紹介します。

 

土づくり

オクラは水はけの良い土を好みます。プランター栽培の場合、元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されているハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。地植えの場合、植えつけの2週間前までに堆肥と苦土石灰を混ぜて耕しておきます。元肥として緩効性肥料マグァンプK中粒を混ぜ込みます。

 

種まき、育苗

オクラは種から育てられます。10℃以下では生育が停滞してしまうため、暖かくなってから種まきを行いましょう。地域にもよりますが、適期は4月~5月です。また、オクラの種はかたく、そのまま土へまいても発芽しないことがあります。種まき前に1日だけ水につけると発芽しやすくなるでしょう。種は育苗ポットにまくか、プランターや畑に直まきします。深さ2cmほどの小さな穴に種を入れ、土をかぶせましょう。種まきが終わったら、たくさん水をあげて暖かい場所で管理しましょう。日光にたくさん当ててあげるのも大切です。発芽してしばらくたったら、元気なものを残して間引きます。

 

植えつけ

本葉が5枚~6枚になったら植えつけ適期です。植えつけ前には苗にたくさん水をあげておきましょう。育苗ポットから取り出す際は、根鉢を崩さないよう優しく扱います。プランターの場合、株間は20cm程度あけます。地植えの場合、株間は40cm以上あけましょう。土を盛って畝をつくり、排水性を高めておくのがおすすめです。

 

水やり

オクラは乾燥に強いものの、水切れすると株が弱くなり、実がつくのも遅くなってしまいます。とくに乾燥しやすい夏場は水をたくさんあげましょう。

 

肥料

オクラは肥料を好みますが、一度にたくさん与えてしまうと徒長したり、実つきがわるくなったりします。植えつけ時の元肥は適量を施すように気をつけましょう。その後は、2週間に1回の頻度でネクスコート野菜・くだもの用を使い追肥を行います。肥料をあげたら土寄せをして株元の土を集め、株が倒れないように支えてあげましょう。

 

収穫

収穫適期は6月~10月にかけてです。寒冷地では収穫期間が8月~9月の暑い時期に集中しますが、暖地ではより長く収穫できます。オクラは、種まきから2カ月ほどたつと、ふわふわとしたきれいな花を咲かせます。花は1日で散ってしまいますが、その後にすぐ実をつけます。オクラの実は、基本的に若く柔らかいものを収穫します。タイミングを逃してしまうとすぐにかたくなってしまうため、こまめに様子を観察して収穫しましょう。基本的には、花が咲いてから5日程度で収穫が行えます。柔らかいうちに、根本からハサミで切り取って収穫しましょう。

オクラを美味しく収穫するための管理方法

美味しいオクラを収穫するためには、適切に管理してあげるのが大切です。最後に、オクラの収穫までの管理方法についてご紹介します。

 

アブラムシ対策

オクラを栽培する際に注意したいのがアブラムシです。気づいたら新芽や葉などにたくさん発生していることがあります。見つけ次第すぐに取り除きましょう。放置しているとオクラが枯れる原因になります。また、アブラムシ対策として専用薬剤を使うのもおすすめです。大切な野菜をアブラムシから守りましょう。

 

整枝・摘葉

オクラは風通しの良い環境を好みます。枯れた葉を見つけたら、その都度摘み取ってあげましょう。収穫後、実のついていた節の下の葉はカットします。節から1~2枚下の葉は残して摘葉しましょう。そうすることで風通しが良くなるほか、上部につく実へ栄養を回すことができます。ただし、元々の葉の数が少ない場合は、摘葉しないほうが良いことがあります。株全体に葉が足りず、スカスカとした印象があるときは、葉をそのままにして様子を見ましょう。

 

支柱立て

オクラは種まきからしばらくは生育が遅いものの、あとからどんどん大きくなっていきます。草丈は1m~2mになるのが基本です。そのままだと倒れてしまうことがあるため、支柱を立ててあげましょう。支柱をオクラの横に立てたら、ひもでゆるく結びます。結び目が茎に当たると傷んでしまうことがあるため、支柱側に結び目をつくりましょう。

おわりに

オクラは育てやすく、一株から収穫できる数も多いのが魅力です。初心者でも家庭菜園の楽しさが味わいやすい野菜といえます。夏の収穫を目指して、ぜひご自宅でオクラを育ててみてはいかがでしょうか。収穫後の食事を楽しみに、こまめにお手入れしながら栽培していきましょう。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用のご購入はこちら
ネクスコート野菜・くだもの用のご購入はこちら
マグァンプK中粒のご購入はこちら


 

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

ネクスコート 野菜・くだもの用

1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけの新製品!

  • すべての成分を1粒に配合。むらなく均一に撒ける。
  • 高温や降雨などの気象状況にも影響を受けにくい。
  • 1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけ。
  • 樹脂コーティングだから手が汚れず、臭わない。

詳細を見る

マグァンプK 中粒

土に1回混ぜ込むだけで長く効く元肥!(約1年間の効きめ)

●いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く効き続け、植物の生育を良くします
●リンサン(P)の効果で、花・実つきを良くすることはもちろんのこと、根の伸長を促進する効果もあります
●草花・球根・プランターなど、いろいろな植物に適しています N-P-K-Mg=6-40-6-15 マグネシウム配合

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

夏に旬を迎えるオクラは、家庭菜園の初心者にもぴったりの野菜です。ひとつの株からたくさん収穫できるのも魅力です。今年の夏は、オクラ栽培にチ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future