Plantiaトップ 学ぶ 【家庭菜園】夏にぴったりのスイカを家庭菜園で育ててみよう

学ぶSTUDY

【家庭菜園】
夏にぴったりのスイカを家庭菜園で育ててみよう

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

日本の夏の風物詩として親しまれているスイカ。夏といえばスイカをイメージする方も多いのではないでしょうか。今年の夏は、ぜひ家庭菜園でスイカ栽培に挑戦してみましょう。今回は、スイカの基本情報や育て方、収穫までのお手入れ方法などをご紹介します。

甘みがあって水分たっぷり! 夏の風物詩のスイカ

スイカは熱帯アフリカの砂漠が原産といわれています。水分を豊富に含んでいるため、現地では飲用水のかわりにスイカを食べていたという話もあります。甘みがあってたくさんの水分を含んだスイカは、冷やして食べるとデザートにぴったりです。日本では6月~8月にかけて旬を迎えます。

 

スイカの品種はさまざま

スイカの大きさは、大玉・中玉・小玉の3種類に分けられます。果肉の色や皮の模様なども品種によって異なり、さまざまな見た目のものがつくられています。大玉スイカは1個の重さが10kgになるようなものもあります。小玉スイカは3kg以下になるのが基本ですが、育て方次第ではさらに大きな実がつくことも。お気に入りの品種を探して、ぜひ家庭菜園で育ててみましょう。

スイカをご自宅で育ててみよう

スイカは家庭菜園でも栽培できます。つるが伸びるスペースを確保できれば、プランターでも栽培可能です。こちらでは、スイカの基本的な育て方をご紹介します。

 

土づくり

プランター栽培する場合、ハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。地植えの場合は植えつけ2週間前までに苦土石灰を混ぜておきます。その後、堆肥などを加えて耕しておきましょう。

 

種まき、育苗

スイカは大きく育つため、広い場所が必要です。プランターで育てる場合は、小玉品種を選んだほうが良いでしょう。種から育てる場合は育苗ポットを利用します。種まき適期は3月~4月です。ひとつのポットに3粒~4粒まいて水やりし、25℃~30℃を保ちながら管理しましょう。うまくいけば3日~4日で発芽します。その後は本葉がついたら間引きし、元気なものを残しましょう。また、スイカは苗から育てるほうが手軽です。育苗が難しい場合は、苗を購入して植えつけしましょう。5月ごろには苗が流通しはじめます。

 

植えつけ

本葉が4枚~5枚ごろになったら植えつけが行えます。種まき後30日程度が目安です。根鉢を崩さないようにポットから取り出し、優しく植えつけしましょう。植えつけ後も、しっかりと根が張るまでは保温してあげるのが大切です。プランター栽培の場合は、できるだけ大きく深めのプランターを用意しましょう。

 

水やり

スイカは砂漠が原産のため、乾燥した土を好みます。過湿にならないよう、土の状態を見て水やりを行いましょう。基本的に、土の表面が乾いたタイミングで水を与えます。大きく育つにつれて水をたくさん吸い上げるようになるため、水やりの頻度が上がるかもしれません。夏になると朝夕に1回ずつ水やりすることもあります。

 

肥料

スイカは肥料を与えすぎると葉や茎ばかりが伸びる「つるぼけ」を起こすことがあります。適切な時期に適量を施肥するのが大切です。元肥としてマグァンプK中粒を与えたら、開花後にネクスコート野菜・くだもの用で追肥します。実がついて大きくなってきたら、再びネクスコート野菜・くだもの用追肥しましょう。

 

摘心、芽かき

スイカは「子づる」に実をつけます。植えつけてからしばらくは「親づる」が伸びているため、摘心して子づるを増やしましょう。本葉が5枚ほどついたら、親づるの先端を葉ごと切り落とします。また、子づるが増えすぎても良くないため、元気なものを2本~3本残して摘み取りましょう。

 

仕立て

スイカはつるを長く伸ばして生長していきます。支柱を立てて上に向かって伸ばすこともできますが、実の重みで折れてしまう可能性があります。とくに初心者の方は、地面につるを這わせる「地這い仕立て」がおすすめです。地這い仕立てでは、つるが伸びているほうへ藁やよしずなどを敷き、スイカが育つスペースを確保してあげます。つる同士が絡み合っている場合は離しましょう。

 

うどんこ病対策

うどんこ病は、葉が重なりあって風通しが悪いときや、湿度が高いときなどに発生しやすいといわれています。スイカを育てる時期は高温多湿になるため、うどんこ病に注意しましょう。専用薬剤を使って防除するのもおすすめです。

スイカの収穫までに気をつけたいポイント

スイカを無事に収穫するまでには、人工授粉や玉直しなど、いくつかの作業が必要です。こまめに観察してお手入れし、スイカの収穫を迎えましょう。最後に、スイカを収穫するまでのポイントをご紹介します。

 

人工授粉

確実にスイカの実をつけるためには、人工授粉をするのが大切です。スイカの雄花と雌花が咲いたら、雄花を摘み取って雌花にこすりつけましょう。人工受粉は晴れた日の朝に行います。付け根に膨らみがあるものが雌花のため、雄花と間違わないように気をつけましょう。

 

玉直し

開花から30日程度たつと、果実をひっくりかえして日に当てる「玉直し」を行います。まんべんなく日光に当てなければ、スイカに色ムラができてしまいます。また、ずっと地面へ触れていた部分は虫がついたり病気が発生したりするため、これを防ぐためにも玉直しを行いましょう。玉直しは収穫までに何度か行います。スイカが取れてしまわないよう、ゆっくりと優しく転がしましょう。

 

摘果

大きく甘みのあるスイカを収穫したい場合は、着果したものすべてを育てるのではなく、摘果して数を絞るのがおすすめです。受粉してから10日ほどたったら、形の良いものを残して摘果しましょう。とくに、小玉スイカをプランターで育てる場合は、一株につき果実が2つ程度になるよう調整すると良いでしょう。

 

収穫

スイカの収穫時期は、受粉からの日数で判断します。品種によりますが、たいていは受粉から40日程度で収穫適期を迎えます。受粉した日を忘れないよう、メモに残しておきましょう。収穫の際は、つるの部分をハサミでカットします。スイカのつるは太いため、よく切れる園芸用のハサミを準備しておきましょう。

おわりに

スイカは頻繁に様子を見てお手入れするのが大切です。適切に管理できればプランターでも栽培できます。夏に大人気のスイカを、ぜひご自宅で収穫して味わってみましょう。

 

 

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用のご購入はこちら
ネクスコート野菜・くだもの用のご購入はこちら
マグァンプK中粒のご購入はこちら


 

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

ネクスコート 野菜・くだもの用

1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけの新製品!

  • すべての成分を1粒に配合。むらなく均一に撒ける。
  • 高温や降雨などの気象状況にも影響を受けにくい。
  • 1シーズン(3~4ヵ月)に1回、土にばらまくだけ。
  • 樹脂コーティングだから手が汚れず、臭わない。

詳細を見る

マグァンプK 中粒

土に1回混ぜ込むだけで長く効く元肥!(約1年間の効きめ)

●いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く効き続け、植物の生育を良くします
●リンサン(P)の効果で、花・実つきを良くすることはもちろんのこと、根の伸長を促進する効果もあります
●草花・球根・プランターなど、いろいろな植物に適しています N-P-K-Mg=6-40-6-15 マグネシウム配合

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

日本の夏の風物詩として親しまれているスイカ。夏といえばスイカをイメージする方も多いのではないでしょうか。今年の夏は、ぜひ家庭菜園でスイカ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future