Plantiaトップ 学ぶ 鮮やかな色と独特の形が魅力!ケイトウをお庭で育てよう

学ぶSTUDY

鮮やかな色と独特の形が魅力!
ケイトウをお庭で育てよう

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

ケイトウは個性的な形と鮮やかな花色が特徴の、独特の魅力を持った植物です。耐寒性は低いものの暑さには強く、種からでも気軽に育てられます。ここではケイトウの基本情報や育て方、品種などをご紹介します。

 

思わず触れたくなるトサカのような花

ケイトウはセロシア属に含まれる花のひとつです。漢字で書くと「鶏頭」となり、文字通りニワトリのトサカのような花の形が有名です。ただ、ケイトウの花の形はひとつだけではありません。トサカに似たものもあれば、細長い円錐形のもの、球状のものなど、さまざまな形があります。花びらの不思議な質感にひかれ、思わず触ってみたくなった方も多いのではないでしょうか。

 

花色や開花時期は?

ケイトウの花の色は豊富で、赤や黄、オレンジ、ピンク、紫、緑などがあります。鮮やかな原色の花をつける品種が多く見られますが、淡くくすんだ色のケイトウも人気です。草丈は10cmほどの小さなものもあれば、2m程度まで大きくなる品種もあります。

開花時期は7月から11月ごろと長めです。寒さには弱いため、寒冷な土地では夏の間にのみ咲きます。それ以外の土地では、夏から冬にかけて花をつけます。

 

熱帯地方原産の暑さに強い花

ケイトウの原産地はアジアやアフリカの熱帯地方といわれていますが、正確な場所はわかっていません。日本へは中国を通じて輸入されたと考えられています。万葉集に「韓藍」という名前で登場しているため、少なくとも奈良時代には伝来していたようです。日本の花として馴染み深い存在で、江戸時代には狩野永徳が日本画の題材として取り上げています。

 

暑い季節に強いケイトウ! 種まきや植えつけの方法は?

ケイトウは暑さに強く、真夏でも元気な花を咲かせてくれます。種まきや植えつけの方法を知り、ご自宅でケイトウを育ててみましょう。ここでは、ケイトウの基本的な栽培方法をご紹介します。

 

土づくり

ケイトウは栄養が多すぎないように調整した土でよく育ちます。土に肥料を与えすぎると、葉が大きくなりすぎるため注意しましょう。地植えの場合は、土に堆肥や腐葉土などを混ぜて耕しておきます。水はけが悪いようであれば、10cm程度の畝をつくっておきましょう。
鉢植えの場合は鉢底石を敷き、水はけをよくします。用土は元肥マグァンプKが配合されている『ハイポネックス培養土 鉢・プランター用』がおすすめです。

 

種まき

ケイトウの種まきは、4月から5月の間に行います。発芽適温は25℃前後のため、肌寒い時期には種まきを避けるようにしましょう。

ケイトウは短日植物のため、日照時間が短くなってくると花芽を形成します。草丈を大きくしたい場合は、5月までの種まきが望ましいでしょう。小さく育てたいのであれば、あえて遅い時期に種まきしてもかまいません。

ケイトウの種のサイズは小さめです。育苗ポットを使う場合は、ひとつのポットに5~10粒をまきます。光が当たると発芽しないため、土を薄くかぶせておきましょう。深く穴を掘って埋めてしまうと、芽が出にくくなるため注意が必要です。種をまいてから発芽するまでは、土が乾燥しないよう、こまめに観察して水を与えてください。

また、ケイトウの種は鉢や花壇にまいても問題なく育ちます。育苗ポットの場合と同様、薄く土をかぶせて発芽を待ちましょう。発芽してしばらくしたら、混んでいる部分を間引きし、株間をあけていきます。

 

植えつけ

本葉が4枚~5枚ついたら植えつけ時期です。遅くなると苗が小さいまま花がついてしまうため、タイミングを逃さずに植えつけします。ケイトウの根は直根性です。根が傷つくと定着しにくくなるため、気をつけて花壇や鉢へ植えましょう。いくつか植えるときは、株間を10cm~20cmあけます。大型の品種なら25cm~40cmは間隔をとるようにしましょう。
植えつけする際は日当たりの良い場所を選ぶのが大切です。日の当たる時間が少ないと、花の色が悪くなることがあります。また、ケイトウは連作を嫌います。過去2年間でケイトウを栽培した土は使わないようにしましょう。

 

水やり・肥料

ケイトウを育てるときは、水切れに注意が必要です。特に種まきや植えつけの後、しっかりと根づくまでは土の乾燥に気をつけましょう。夏場は水が不足しがちなので、土の表面が乾いていたらたっぷり水やりします。

地植えの場合、追肥はほとんど必要ありません。鉢植えの場合は、本場が3枚~4枚つきはじめてから花が咲く前まで、1週間から10日に1回を目安に500倍に薄めた液体肥料『ハイポネックス原液』を与えます。

 

お好きな品種を選んで育ててみよう

ケイトウには多岐にわたる品種が存在します。それぞれが個性豊かなため、お気に入りのものを探すだけでも楽しめるのではないでしょうか。ここでは、ケイトウの有名な品種を4つご紹介します。

 

アーリーローズ

アーリーローズは、久留米ケイトウと呼ばれる品種のひとつです。久留米ケイトウは花が重なって球状になるのが特徴で、ボリューム感のある花壇を演出できます。アーリーローズは早生種で、種まきから2カ月程度で花が咲きます。切り花にも向いているため、いくつか切って部屋に飾るのもおすすめです。

 

ボンベイ

ボンベイはニワトリのトサカによく似た形の花が咲く、クリスタータ系の品種です。高性種ですが、遅い持期に種まきすることで小さく育てられます。花持ちが良く、1カ月から2カ月咲き続けるのが特徴です。切り花にしても長く楽しめるでしょう。

 

八千代

八千代はキルドシー系とも呼ばれるヤリゲイトウグループの一種です。名前のとおり、槍の穂先のような形の花が咲きます。品種によって花穂の長さは異なりますが、八千代の場合は10cm程度です。

 

キャンドル

キャンドルはノゲイトウタイプの育てやすい品種です。細長く丸みを帯びた花穂をつけます。草丈2mまで育つため、摘芯して枝分かれさせ、花をたくさん咲かせるのもおすすめです。大きく育てたいときは、倒れないように支柱を立ててあげましょう。

 

おわりに

ケイトウの独特な花の形は、見る人の興味をそそります。花の時期は非常に目立つ存在となるため、お庭の主役としてもぴったりです。暑さに強く、初心者でも簡単に育てられるため、ぜひガーデニングのラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥として緩効性肥料のマグァンプKが配合されていますので、そのまま使える培養土です。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ケイトウは個性的な形と鮮やかな花色が特徴の、独特の魅力を持った植物です。耐寒性は低いものの暑さには強く、種からでも気軽に育てられます。こ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future