Plantiaトップ 学ぶ 朝日とともにかわいらしい花を咲かせる!オキザリスの魅力や育て方をご紹介

学ぶSTUDY

朝日とともにかわいらしい花を咲かせる!
オキザリスの魅力や育て方をご紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

オキザリスはカタバミ科の花で、一株にたくさんの花を咲かせます。愛らしい姿と育てやすさで人気が高いため、各地で育てられているのを見かけることも多いのではないでしょうか。オキザリスは太陽の光を浴びることで花を咲かせるのが特徴です。ぜひお庭やベランダなどで育て、朝日とともに咲く可憐な花の姿を堪能しましょう。

 

目次
愛らしい花をたくさん咲かせるオキザリス
・開花する条件
・原産地
・開花時期
オキザリスの基本的な育て方は?
・土づくり
・植えつけ
・日当たり
・水やり
・肥料
オキザリスを手入れして何年も育てよう
・置き場所の移動
・休眠期の手入れ
・植え替え・分球

 

 

愛らしい花をたくさん咲かせるオキザリス

オキザリスは日本においても古くから親しまれている花です。花の色は白や黄色、ピンク、紫、オレンジ、複色など多岐にわたります。品種によって花や葉の質感が多様で個性豊かなため、いくつかコレクションして育ててみるのもおすすめです。

 

開花する条件

オキザリスの花は、太陽の光を受けることで開花します。日の差さない曇天時や雨天時、夜間などは花をかたく閉じてしまいます。日光の当たらない場所に植えつけすると、うまく開花しないため注意が必要です。「バーシカラー」という品種のように閉じているときの花の姿も美しいものなら、開花していないときでも楽しく鑑賞できるでしょう。

 

原産地

オキザリスは南アフリカや中南米などを原産地としますが、現在は世界中で数百種類の品種が自生しています。日本へは江戸時代末期ごろに伝わってきたと考えられています。現在の日本では、数種類のオキザリスが帰化植物となっています。代表的な品種が「ミヤバカタバミ」です。多くは山の中に自生し、小さく可憐な白い花を咲かせます。

 

開花時期

オキザリスの開花時期は、春咲き・夏咲き・秋咲き・冬咲き・四季咲きと、品種によってさまざまです。どの時期に花を咲かせたいかによって、育てる品種を選びましょう。少しずつ開花時期の違うものを寄せ植えして、かわるがわる咲く花を楽しむのもおすすめです。寄せ植えにする際は草丈が同じ程度に育つものを植えることで、見栄えも良くなります。

オキザリスの基本的な育て方は?

オキザリスは品種によって特徴が異なり、育て方も微妙に違います。育てる予定の品種は事前にどういった性質を持つか調べておきましょう。ここでは、基本的なオキザリスの育て方をご紹介します。

 

土づくり

オキザリスは水はけの良い土を好みます。赤玉土と腐葉土を7:3で混ぜたものや元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されているハイポネックス培養土 鉢・プランター用 href=””>がおすすめです。地植えにする際、土が酸性に傾いていたら石灰を混ぜて中和しておきましょう。鉢植えの場合は鉢の4分の1ほどの高さまで鉢底石を入れて水はけを良くします。元肥に緩効性肥料「マグァンプK中粒」を混ぜ込みましょう。また、オキザリスは生長がはやく、横に向かってどんどん伸びていく性質を持ちます。地植えにする場合は、オキザリスが広がりすぎないように気をつけておきましょう。

 

植えつけ

オキザリスは多くの品種が球根をつくります。球根の形も品種によってさまざまです。小型・中型・大型とサイズも異なるため、鉢植えの場合は大きさに合った鉢へ植えつけしましょう。基本的に、どの球根も地表から1cm~2cmの深さへ植えます。ただ、アデノフィラ種の球根は腐りやすいためすべて地面に埋めず、上から3分の2程度は露出させておきます。複数の球根を植えつけする場合、株間は15cmほどあけておきましょう。

 

日当たり

オキザリスは開花する際に日光を必要とするため、日当たりの良い場所で育てるのが大切です。植えつけ後に発芽したら、しっかりと日光に当てるようにしましょう。ただ、夏の直射日光や強い西日などに当てすぎると株が弱ってしまうこともあります。日の光が強く差す時期は、適度に日の当たる半日陰に置きましょう。

 

水やり

発芽してから1カ月は、過湿に気をつけながら水をたっぷり与えましょう。その後、芽が育ってきたら、土の表面が乾いたあとに1日~2日待ち、水を与えます。根腐れを防ぐため、雨や曇りの日には水やりを控えましょう。

 

肥料

オキザリスは肥料を与えなくても育ちますが、花数を増やしたいときは施肥してみましょう。株が生育する時期に置き肥をするか、1週間から10日に1度くらいの頻度で液体肥料「ハイポネックス原液」を500倍に希釈して与えます。肥料が多すぎるのも花つきを悪くするため、施肥の回数が多くならないように気をつけましょう。

 

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用をご購入の方はこちら

マグァンプK中粒をご購入の方はこちら

ハイポネックス原液をご購入の方はこち

オキザリスを手入れして何年も育てよう

オキザリスは多年草のものが多いため、手入れすると何年も育てられます。置き場所や休眠期の扱いなどに気をつけて、大切に栽培し続けましょう。ここからは、オキザリスの手入れ方法をご紹介します。

 

置き場所の移動

オキザリスは品種によって耐暑性や耐寒性の強さが変わります。気温の変化が激しい季節には、株の置き場所に気を配ってあげましょう。冬に生育する品種は、気温が5℃程度まで下がると葉が傷んでしまうことがあります。できれば鉢植えにし、室内へと移動させましょう。気温変化が少なく暖房の影響を受けにくい玄関へ置くのがおすすめです。

 

休眠期の手入れ

オキザリスは花後に株を枯らし、休眠期に入ります。球根は植えっぱなしでもかまいませんが、水やりの回数を抑えて土を乾燥ぎみにするよう注意しましょう。休眠期間中は日当たりを気にせず、日陰に置いておいてもかまいません。夏に休眠するものは、過湿や肥料の与えすぎに気をつけます。冬に休眠するものは霜や凍結に注意し、鉢植えであれば暖かい場所へ移動させましょう。球根を掘り上げる場合は、湿気の少ない場所で保管します。風通しが良く、直射日光の当たらない場所へ置きましょう。

 

植え替え・分球

鉢植えの場合、根詰まりを防ぐため、2年~3年たったら植え替えを行います。休眠期が終わったころに掘り出して、違う鉢へ植え替えましょう。その際、子球のついている球根があれば、割って分球してみましょう。子球を植えつけしても、すぐに咲くことは稀です。次の年あたりから花をつけはじめることが多いため、気長に育ててみましょう。植え替えの際には元肥として「マグァンプK中粒」を混ぜ込みましょう。

おわりに

オキザリスは増やしやすく丈夫なため、花壇のように広い場所で育てるのにも向いています。さまざまな花色のものを寄せ植えして、カラフルなお庭をつくるのもおすすめです。管理しやすいため、ガーデニングをはじめたばかりの方にもぴったりのオキザリス。ぜひご自宅で育てて長い開花時期を楽しんでみませんか?

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

オキザリスはカタバミ科の花で、一株にたくさんの花を咲かせます。愛らしい姿と育てやすさで人気が高いため、各地で育てられているのを見かけるこ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future