メニュー

🕊Garden Tour🕊49:リビングから続くガーデニンリビングから、庭の花を見ながらくつろげる、コツウォルズストーンを敷き詰めたアプローチがおしゃれなお庭

SNSはこちら

  • アイコン:Instagram
  • アイコン:YouTube

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』

今回は、リビングから続くガーデニンリビングから、庭の花を見ながらくつろげる、コツウォルズストーンを敷き詰めたアプローチがおしゃれなお庭をご紹介します。

門を開けて玄関までのアプローチが庭になっています。門を開けると、異空間の森へ来たような庭をイメージして庭づくりをしています。

目次

コツウォルズストーンを生かして、訪問者や家族が集い、安らぎのある場所になるようにしています

我が家は門を開けて、玄関までのアプローチが庭になっています。門を開けると、異空間の森へ来たような庭をイメージしています。

住宅と住宅に挟まれた庭ですが、コツウォルズストーンを生かして自分なりに工夫して訪問者や家族が集い、安らぎのある場所になるようにしています。

4年と4ヶ月前に大きな袋2袋のコツウォルズストーンがイギリスから運ばれてきました。

レイズドベッドの花壇、そしてその周りもコツウォルズストーンで敷き詰めてあるので、花壇の草花の手入れや周りの草取りがぐんと楽になりました。

ログハウス前のウッドデッキが庭の中で一番気に入っている場所です。ウッドデッキのテーブルで外の澄んだ空気を吸って、庭を見ながらくつろげます。

年々進化するパンジーやビオラの美しさに魅せられてすっかり虜になりました。

花びらの形、ベインやピコティの出方、色の出方や色の変化がとても美しく、沢山のパンジーやビオラをお迎えしています。

コツウォルズストーンを使った庭を作ってもらったのがきっかけでガーデニングを始めました

もともと花が好きでしたが、なかなか時間が持てませんでした。

2018年に庭をリフォームし、コツウォルズストーンを使った庭を作ってもらったのがきっかけでガーデニングを始めました。

植物を育て管理していくと、植物は手入れをよくすればそれなりに応えてくれ、パフォーマンスを見せてくれることが段々とわかり楽しくなってきました。

庭は生活の一部というよりも生活の中心です

私にとって、庭は生活の一部というよりも生活の中心です。

庭の木々や季節の花々を眺めながら、外の庭でも家族が集って食事やティータイムを楽しみ、家の中でも庭の植物を飾って楽しみ、自然がいつもそばにあるそんな庭のある暮らしが私の憧れであり、私の目指すガーデニング生活です。

お庭の見どころ

トピアリーが好きで、門扉の両サイドにラウンド型の玉ツゲウインタージェムを鉢で置いています

門の前では、ラナンキュラスの三輪車がお出迎えしてくれています。トピアリーが好きで、門扉の両サイドにラウンド型の玉ツゲウインタージェムを鉢で置いています。

冬の間も緑で元気で気に入っています。門にはアンティークカラーでお気に入りのリースを飾っています。

木も好きなのですが、スペースが限られているため、門の外は常緑ヤマボウシ、 メラレウカ、ハナミズキ、スモークツリーを植えています。

門を開けて手前の花壇は今年は淡いパープル系にしたくてビオラやパンジーを中心に植えています。去年は淡いピンクのお花を中心に植えていました。

鉢植えが左側に多く賑やかなので、あまりインパクトのある花は植えないようにしています。アイリス チューリップ スイセン、それぞれ球根の芽が春の到来を告げてくれています。

秋に種まきしたフェリシア オルレアの苗も頑張っています。

両サイドに木を植えていて、右側はアオダモ、左側はヒメリンゴとジューンベリーです。木々に緑の葉が茂ると少し森に来たようになります。

奥の花壇は、グリーンリーフを中心に自然の感じが出せたらと思い、ろうそく型のトピアリーを真ん中に葉が美しいディアネラ ブルーストリーム、ディアネラ リトルレブ、そしてローズマリーを植えています。

中央手前にはボール状の花が可愛いアリウムを植えています。

ログハウス前のウッドデッキが、春になると活躍してくれます

ログハウス前のウッドデッキが庭の中で一番気に入っている場所です。

暖かくなると、ここで朝食を取ったり、大人数でバーベキューをしたり、ティータイムを楽しんだり、バラの景色に浸ったり、孫や子犬の遊ぶ様子を眺めたりと、活躍してくれます。

ウッドデッキのテーブルで外の澄んだ空気を吸って、庭を見ながらくつろげます。

こちらは手作りのチョコレート菓子でのティータイムです。テーブルクロスランチョンマットも手作りしたものです。テーブルの上には季節の花の寄せ植えを置いています。

毎年、パンジービオラの季節になるとわくわくします。年々進化し、どれもとても美しく魅せられて、すっかり虜になりました。

毎年、パンジービオラの季節になるとわくわくします。

年々進化し、花びらの形、ベインやピコティーの色の出方色の変化、どれもとても美しく魅せられて、すっかり虜になりました。

玄関の中で一番のお気に入りは、クレールドゥリュンヌ月明かりという意味のパンジーでなんともいえない色合いでクシュクシュの花びらがとても魅力的です。

水彩絵の具のようなブルーのシエルブリエも花持ちが良く、ずっと見ていられるきれいな花です。シエルブリエも濃いピンクから淡いピンクに変わり、面白いです。

テーブルの上に置いているローブドゥアントワネットは色合いやフリルが貴婦人のドレスのようで、お気に入りの特別なパンジーです。

この冬に初めて出会ったZAIJINビオラ パピエ。パピエとは、フランス語で紙のことで、花弁が紙みたいな質感との客の声からの命名だそうです。

その美しさと優しさにすっかり虜になりました。ウッドデッキの上は日当たりが良いので、花つきもとてもいいです。

華あられやパピヨンワールド、黄色いのはイリスプリエールです。

ヌーヴェルヴァーグはどれも神秘的な雰囲気で、30年以上の長い歴史の中で出来ただけあって、ひとつひとつが個性的でオンリーワンで、その上、寒さに強くて丈夫なので、深い魅力にはまります。

パンジードラキュラ2株をお気に入りのリボンの双子鉢に植えています。ドラキュラの波打つ花びらとコントラストの効いた色合い球状の花姿は不動のトップクラスです。

門を入って右側には見元ビオラを中心に植えています。優しい色合いがとても好きです。カゴの中にはチューリップが仕込んであり、春がとても楽しみです。

ビオラマーブルはマーブル模様がとても可愛いです。ローブドゥアントワネットソワレは深く濃い紅色 大きく波打ったフリルがなんとも魅力的です。

つぼみがたくさんあるので、今からたくさん花が咲いてくれることを楽しみにしています。

今回のお庭

instagram:chi_garden87
https://www.instagram.com/chi_garden87/

関連記事

🕊Garden Tour🕊50:自作のビカクシダのハンギングがバルコニーいっぱいに並ぶ、リビングから続くガーデンリビングがおしゃれなお家

🕊Garden Tour🕊50:自作のビカクシダのハンギングがバルコニーいっぱいに並ぶ、リビングから続くガーデンリビングがおしゃれなお家

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』 今…

関連記事

🕊Garden Tour🕊48:夕暮れ時には焚き火をしながら庭飲みを楽しめる、ケヤキの落ち葉で覆われ野鳥のさえずりが聞こえる、自然豊かなお庭

🕊Garden Tour🕊48:夕暮れ時には焚き火をしながら庭飲みを楽しめる、ケヤキの落ち葉で覆われ野鳥のさえずりが聞こえる、自然豊かなお庭

素敵なお庭をご紹介する『GardenTour』 今…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

🕊Garden Tour🕊49:リビングから続くガーデニンリビングから、庭の花を見ながらくつろげる、コツウォルズストーンを敷き詰めたアプローチがおしゃれなお庭

🕊Garden Tour🕊49:リビングから続くガーデニンリビングから、庭の花を見ながらくつろげる、コツウォルズストーンを敷き詰めたアプローチがおしゃれなお庭

Official SNS

  • アイコン:LINE
  • アイコン:TikTok
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Pinterest
  • アイコン:YouTube

Instagram