メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup52『ボスコベル Boscobel』

Labyrinth バラの迷宮 pickup52『ボスコベル Boscobel』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 イギリス オースチン イングリッシュローズ
花色 中心部に黄色がのるサーモンピンク
花形 中輪・ロゼット咲き/四季咲き
香質 中輪カップ咲き
樹形 さわやかなミルラ香にサンザシのような香りに、ほのかにエルダーフラワーと洋ナシ、アーモンドの香りが混じる

枝が伸びすぎず安定して咲き続けるイングリッシュローズ。

赤みがかった蕾から中心部に黄色がのるサーモンピンク色に開花する、複雑ながら華やかな色目。花形は深いカップ咲きから次第に浅くなる。房咲き。

ミルラベースの芳香がある。四季を通じてよく繰り返して咲き、一番花と二番花の差もほとんど感じられない。秋花はカップが深くなる。

葉は濃緑でツヤがある。枝は細めで樹勢があり、シュートが多く出て、直立気味の株に。2012年発表。

ボスコベル

複雑な花色で、赤い蕾から深いカップ咲きに

ボスコベル

花芯を少し覗かせることも。ミルラ香をベースとした香り

ボスコベル

秋花はカップが深くなる

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup51『プシュケ Psyche』

Labyrinth バラの迷宮 pickup51『プシュケ Psyche』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup53『サント ノーレ Saint Honiré』

Labyrinth バラの迷宮 pickup53『サント ノーレ Saint Honiré』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup52『ボスコベル Boscobel』

Labyrinth バラの迷宮 pickup52『ボスコベル Boscobel』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram