メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup79『リラ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup79『リラ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 ロサ オリエンティス(バラの家)
花色 藤色
花径 中輪
花形 カップ咲き/四季咲き
香質 ダマスク+ティ+グリーンの中香
樹形 高さ0.9mの木立性

藤色の中輪カップ咲き。房咲き。

夏花はやや赤みが強いロゼット咲き、初冬の花は深いカップ咲きとなり、細くしなやかな枝先にややうつむき加減に咲き続ける。

樹は高さ0.9mとコンパクトで、株元から花を咲かせる。ダマスク+ティ+グリーンの中香。

一般に病気に弱いとされる藤色の品種だが、この品種はうどんこ病に強く、黒星病にはとても強いなどの耐病性の高さを実現。

月に一回の殺菌剤散布できれいに葉を保つ。

初期成育はゆっくりなので、苗のうちは蕾をソフトピンチし、株の充実を図る。

2020年春発表の最新品種。(写真:バラの家)

世界中で日本人が特に好む藤色と株姿のやわらかさに加え、従来「性質が大人しい」「葉が病気に弱い」品種が多い藤色系で、耐病性の高さを実現。

その意味で、ヨーロッパの古い民話『眠れる森の美女』に登場する妖精リラに捧げて、「絶望を希望に変える」と花名が命名される。

『眠れる森の美女』はヨーロッパの古い民話で、それを基にしたグリム童話やディズニー映画は少し違った登場人物で構成される。

シャルル・ペロー原作のバレエ(チャイコフスキー作曲)では、主人公のオーロラ姫が「16歳になったら死ぬ」という呪いを魔法使いにかけられるが、リラの妖精が「死」を「眠り」に変える。

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup78『バリスタ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup78『バリスタ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup80『ブルー グラビティ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup80『ブルー グラビティ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup79『リラ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup79『リラ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram