メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup80『ブルー グラビティ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup80『ブルー グラビティ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 ロサ オリエンティス(バラの家)
花色 青藤色
花径 中輪
花形 丸弁咲き/四季咲き
香質 ティー・パウダリーの淡香
樹形 高さ1.2mの木立性

青藤色の丸弁咲き。緑を含む蕾から咲きはじめ、内側に向いた花弁が重なってカップ状となり、咲き進むにしたがって周囲にグリーンを少し残した青藤色になって、花弁が外側へのびやかに広げるかたちに。

中輪房咲き。四季咲きで、夏花はグレー味が強い。花保ちが良い。ティー・パウダリーの微香。濃緑の葉はマットな質感で丸い。

樹勢・耐病性は普通。樹は木立性で高さ1.2m。花名は「青の引力や重力」を意味。2020年春発表のロサ オリエンティス。

世界中でもとくに日本人に高い「青バラ」に対する嗜好の実現は、育種家の夢。

「青バラへのあくなき想い」を花名で表現。いまもっとも「青」に近いバラのひとつで、特に曇りの日や日陰ではかなり青く感じるように咲く。

発色と同時に生育性を目指し、一般に性質が大人しい藤色系でも最強とはいえないが、“通常の管理”で十分生育する。

樹勢は並み、耐病性はうどんこ病には強いが、黒星病へは普通。月に2回くらいの殺菌剤散布で美しい葉を維持。

初期生育が遅いので、植え付け初年度は蕾を取り続け、2~3年間は浅めの剪定を。庭の前面や鉢植えに。

花の印象

木管楽器オーボエの音色を感じるような、しっとりとした青藤色。満開になると花弁の外側が開き、楽器の先端のかたち(ベル)を思わせるようなかたちに。

全体の印象として昭和の美人画家・東郷青児の描く女性の姿を思わせる。

日がさんさんとあたる場所より、少し日陰の方が美しく見える。

ブルー グラビティ

緑の蕾から青藤色に開花。最初はカップ咲き

ブルー グラビティ

咲き進んで外弁を広げ、木管楽器のベルのかたちに。花弁の周囲には緑を残す

著者紹介

玉置一裕

玉置 一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup79『リラ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup79『リラ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup81『令の風(れいのかぜ)』

Labyrinth バラの迷宮 pickup81『令の風(れいのかぜ)』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup80『ブルー グラビティ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup80『ブルー グラビティ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram