メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup106『コント ドゥ ラ フェール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup106『コント ドゥ ラ フェール』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 日本 京阪園芸F&Gローズ「ローズアロマティーク」
花色 青みがかったピンク
花型 花径6~7㎝/カップ咲き/四季咲き
香質 オールドローズ香
樹形 高さ1.0mの木立性・半直立性

花も樹姿も、香りも、オールドローズのスタイル。

青みのあるピンク色の丸いカップ咲きで花芯を覗かせることも。花径6~7㎝の中輪。咲き進んでロゼット咲きとなる。

単花咲きから3輪ほどの房咲き。四季咲き。

オールドローズ(ダマスク系の香り)のピュアな強い香りがある。

枝は細く、葉はマットな質感で、皮革質ながらかたい感じはしない。

樹はふわっとした半直立性で、高さは1.0mとコンパクト。

シュートが出やすい。

2021年春発表の京阪園芸F&Gローズ「ローズアロマティーク」。

花名Comte de la Fère(ラ・フェール伯爵)は、フランスの19世紀の小説『三銃士』Les Trois Mousquetaires(アレクサンドラ・デュマ・ペール作)に登場する最年長の銃士アトスの別名。

ほかの銃士はポルトスとアラミス。のちにダルタニャンが加わり四銃士と称する。

コント ドゥ ラ フェール

オールドローズの風情で四季咲き(写真:京阪園芸)

コント ドゥ ラ フェール

葉もオールドローズのようなマットな質感

コント ドゥ ラ フェール

丸く咲いた冬花。アンティーク感たっぷり

著者紹介

玉置一裕

玉置一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup105『トリニティ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup105『トリニティ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup107『マチネ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup107『マチネ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン ハイポネックス原液 殺虫剤入り

バラの施肥とアブラムシ退治に

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup106『コント ドゥ ラ フェール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup106『コント ドゥ ラ フェール』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram