メニュー

Labyrinth バラの迷宮 pickup107『マチネ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup107『マチネ』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バラの迷宮”

DATA

作出 ドイツ コルデス
花色 ラベンダーピンク
花型 花径6~7㎝/花弁数30~40枚の丸弁平咲き/四季咲き
香質 微香
樹形 高さ0.9~1.0mの木立性・半直立性

ラベンダーピンクで咲き進んでグレイッシュになり、咲き混じる。

平咲き。花径6~7㎝の小中輪で、房咲きになる。

花付きが良い。四季咲き。微香。

樹は高さ0.9~1.0mの半直立性のFLタイプ。

葉は耐病性に優れ育てやすい。

2019年作出、同年アデレードの国際コンクールで銅賞受賞。

花名Matineeは、フランス語の「朝・午前」の意味。青みがかった色は早朝、ピンクのトーンが強いときは暖かな昼前のイメージで命名される。

2021年日本発表。

最近増えてきた育てやすい藤色のバラの一つ。‘マチネ’は花弁や重ね方に表情がある小さめの花で、樹は木立性。

同時発表でライラック色の‘プロローグ’とは、花がカップ咲き、樹が高さ1.2~1.8mの半横張りシュラブとなることで区別できる。

鉢植えの単植はもとより、庭で草花と混植した、ローメンテナンスの藤色のコーナーづくりのバラとしても。

マチネ

花弁に表情がある小さめの花が、株の上に藤色の「花束」をつくる

マチネ

咲いた花を切って小さめの花瓶に飾る。紫~青色・白色の草花やシルバーリーフを添えて、さわやかに(写真:京成バラ園芸)

著者紹介

玉置一裕

玉置一裕

バラの専門誌『New Roses』編集長。

『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

関連記事

前回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth バラの迷宮 pickup106『コント ドゥ ラ フェール』

Labyrinth バラの迷宮 pickup106『コント ドゥ ラ フェール』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

次回の記事はこちら

関連記事

Labyrinth  バラの迷宮 pickup108 『ウインディナイト』

Labyrinth バラの迷宮 pickup108 『ウインディナイト』

NewRoses玉置編集長が最新品種、人気品種を紹介する”Labyrinth バ…

この記事に関連する商品について

ブリリアントガーデン バラのまくだけ肥料

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Labyrinth バラの迷宮 pickup107『マチネ』

Labyrinth バラの迷宮 pickup107『マチネ』

Official SNS

  • アイコン:Facebook
  • アイコン:Twitter
  • アイコン:YouTube
  • アイコン:Instagram
  • アイコン:LINE
  • アイコン:Pinterest

Instagram