Plantiaトップ 調べる 植物の種類から調べる Labyrinthバラの迷宮pickup42『ザミルオンザフロスTHEMILLONTHEFL…

植物の種類から調べるSEARCH

Labyrinth  バラの迷宮 pickup42
『ザ ミル オン ザ フロス THE MILL ON THE FLOSS』

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE
Data

■作出:イギリス オースチン イングリッシュローズ

■花色:ピンクに紅覆輪 地色は咲き進んでライラックピンクに

■花形:小ぶりなディープカップ咲き、四季咲き 

■香質:甘くフルーティな香り

■樹形:樹は高さ1.4×幅1.2mでよく茂るシュラブ樹形

2018年春発以来、日本でとくに人気を集める最新のイングリッシュローズ。ピンクに紅色の覆輪の花色、先が尖る花弁など、いま好まれる花の要素が凝縮。小さめの舟弁(内側に曲がる花弁)が重なり、中央にボタンアイもみせて、小ぶりながらも整ったディープカップ咲きに。きれいなカップ&ソーサーになることも。大きな房咲きとなってうなづくように咲く。フルーティな香り。樹は高さ1.4×幅1.2mのシュラブ樹形でよく茂る。庭なら少し日陰の場所でもOK。花名はイギリスの著名な作家ジョージ・エリオットの、1860年に出版された小説『フロス湖畔の水車小屋』にちなむ。2018年発表。

玉置さん

 玉置一裕 Profile
バラの専門誌『New Roses』編集長。
『New Roses』の編集・執筆・アートディテクションを行うかたわら、ローズコーディネーターとしてバラ業界のコンサルティングやPRプランニング、関連イベントのコーディネート、バラの命名等に携わる。
また園芸・ガーデニング雑誌への執筆や講演を通じて、バラの「美」について語ると同時に、新しいバラの栽培法の研究も行っている。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

Data ■作出:イギリス オースチン イングリッシュローズ ■花色:ピンクに紅覆輪 地色は咲き進んでライラックピンクに ■花形:小ぶりなディープカ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future