Plantiaトップ 学ぶ ミニトマトの実がならない……その原因と対策方法

学ぶSTUDY

ミニトマトの実がならない……その原因と対策方法

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

実がなりやすく、育て方も簡単なミニトマトは、家庭菜園初心者でも育てやすい野菜のひとつです。しかし、なかには「育てやすいはずなのに、なかなか実がならない」という方もいます。ミニトマトは、育て方を間違えてしまうと実がならないこともあるのです。

そこで今回は、ミニトマトの実がならない原因や対処法についてご紹介します。

実がならない……どうして?

ミニトマトの実がならない主な原因は、以下の通りです。

 

肥料の与えすぎによる“過繁茂(かはんも)”

過繁茂とは、「葉や枝が茂りすぎている状態」を指す言葉です。肥料を与えすぎると、この過繁茂になりやすくなります。過繁茂になると葉や枝に栄養を取られてしまい、花の育ちが未熟になったり、受粉不良を起こしたりします。未熟な花の開花や、受粉不良が続くと、着果状況が悪くなり、ミニトマトの実がなりにくくなってしまいます。

家庭菜園ではバランスの良い肥料を適期に施すことが重要です。

 

日当たりの悪さ

日照不足が続くと、株が貧弱に育ってしまいます。また、花にも十分な栄養が行き渡らず、着果しにくい状態に。ミニトマトは、必ず日当たりのいい場所で育てるようにしましょう。

 

一番花の着果不良

トマトは、一番花(その株で一番に咲いた花)がきちんと着果しなければ、その後に咲いた花も着果しにくくなるという性質があります。

 

・植付け時の気温が低すぎる

トマトの苗の植付けに最適な時期は、4月下旬から5月の暖かい季節です。もしもこの季節よりも寒い季節に植付けをすると、花が咲いても着果せず、ガクから落ちてしまう場合があります。

実がなるようにするには、どうすればいい?

ミニトマトの実がなるようにするためには、それぞれの原因に応じた対策が必要です。

過繁茂対策には、肥料を与えすぎないことが大切。また、葉の付け根から伸びるわき芽は、こまめに摘み取るようにしましょう。

 

日当たりが悪い場所で育てている場合は、日当たりのいい場所に移す必要があります。

地植えの場合は植え替えを、容器栽培の場合は日当たりのいい場所に移動させましょう。

 

一番花の着果不良を防ぐには、人工授粉が効果的です。一番花が咲いたら、指で軽くはじいたり、綿棒などでこすったりして人工的に受粉させましょう。

どうしても寒い季節に苗の植付けをする場合は、苗にホットキャップなどをかぶせて保温するようにしましょう。

 

このように、原因を理解してきちんと対処することで、ミニトマトの実はなりやすくなります。正しい育て方でミニトマトを育てましょう。

この記事に関連する商品について

いろいろな野菜用粒状肥料

有機と化成(肥効期間の異なる4種類)の組合せで、すぐに効き始め安定した効果が約1~2ヵ月間持続します。

詳細を見る

いろいろな野菜用液体肥料

野菜が健全に生育するために必要な15種類の養分とアミノ酸をバランスよく配合しています。

詳細を見る

いろいろな野菜用肥料アンプル

簡単で便利な使いやすいアンプルタイプの野菜専用肥料です。

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

実がなりやすく、育て方も簡単なミニトマトは、家庭菜園初心者でも育てやすい野菜のひとつです。しかし、なかには「育てやすいはずなのに、なかな...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

特集Future