Plantiaトップ 学ぶ 春の陽気が似合うフリージアを育てよう

学ぶSTUDY

春の陽気が似合うフリージアを育てよう

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

鮮やかな花の色と可憐な花の姿を持つフリージアは、春の陽気にぴったりの愛らしい花です。花の時期には甘く爽やかな芳香が漂うため、香りを楽しみたい方にもおすすめです。春の開花を目指して、秋のうちに球根を植えて育ててみましょう。

 

目次

暖かな日差しを受けて咲く春の花
・名前の由来
・フリージアの香りは人気

過湿を避け、日当たりの良い場所で育てよう
・土づくり
・球根の植えつけ
・水やり
・日当たり・風通し
・肥料

霜に注意して、次の年も花を咲かせよう
・植え替え
・分球
・冬越し
・剪定

暖かな日差しを受けて咲く春の花

フリージアはケープ地方を中心とした南アフリカが原産です。18世紀に発見されてから各地で品種改良が進み、現在では多数の園芸品種が誕生しています。日本へは江戸時代の末期には伝わってきたそうです。

花の色は白や黄のものが多く見られますが、ピンクや赤、オレンジ、紫、複色など、さまざまなカラーが存在します。茎はすらりと伸びていき、稲穂のように花をつけるのが特徴です。花の形は一重や八重、半八重のものがあります。どれもカラフルですが、主張が激しすぎないため、寄せ植えにするのにも向いています。

 

名前の由来

フリージアは、デンマークの植物学者エクロンによって発見されました。友人である医師フレーゼから名前をとり、フリージアと名付けたそうです。また、フリージアの和名は「アサギスイセン」や「アヤメスイセン」などです。花の形がスイセンやアヤメに似ていることからこの名前が付きました。ほかにも、香りが良いことから「香雪蘭(コウセツラン)」という和名も存在します。

 

フリージアの香りは人気

フリージアはフローラルで爽やかな香りがある花です。好きな香りとしてフリージアの名前を挙げる方も多く見られます。ただ、品種によっては香りの弱いものもあります。ご自宅の栽培で香りも楽しみたいときは、香りの強い品種を確認して購入しましょう。

 

過湿を避け、日当たりの良い場所で育てよう

フリージアは秋に球根を植え、春に開花する植物です。水はけや日当たりなどに気を配りながら育てていきましょう。ここからは、フリージアの基本的な育て方をご紹介します。

 

土づくり

フリージアを育てるときは、水はけ・水もち・通気性の良い土をつくりましょう。元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されているハイポネックス培養土 鉢・プランター用がおすすめです。また、フリージアは連作を嫌う植物です。地植えにする際は、フリージアをはじめとするアヤメ科の植物を栽培したことがない土へ植えつけしましょう。

 

球根の植えつけ

フリージアは球根から手軽に育てられます。9月~11月の秋に植えつけして、春の開花を待つのが基本です。ただ、はやめに植えてしまうと葉が生長しすぎて、寒気の影響を受けやすくなってしまいます。特に地植えにするなら、冬越しをしやすくするため、少し遅めに植えるのがおすすめです。鉢植えの場合は球根に土をかぶせすぎず、葉が伸びてきたら表面に土を足して「増し土」してあげましょう。こうすることで、株が倒れにくくなります。地植えの場合は最初から植えてかまいません。複数の株を植えるときは、5cm~10cmほど間隔をあけます。また、鉢植えも地植えも、元肥として緩効性肥料を混ぜ込み、発芽するまではたっぷり水を与えましょう。

 

水やり

フリージアは水を与えすぎると徒長し、株が弱々しくなってしまいます。発芽したら、土の表面が乾いたタイミングで水やりしましょう。特に、地植えの場合は雨の降らない時期に水やりする程度でかまいません。

 

日当たり・風通し

フリージアは日陰で育てると茎がひょろひょろと伸び、花つきが悪くなってしまいます。日当たりの良い場所へ植えつけしましょう。また、フリージアは過湿も嫌います。水はけの良さに加え、風通しの良さも考慮して植える場所を選びましょう。

 

肥料

開花前に肥料を与えると、元気に花を咲かせてくれます。3月ごろになったら、1000倍に薄めた「ハイポネックス原液」を与えましょう。ただし、フリージアは肥料を与えすぎると徒長したり、根が傷んだりすることがあります。使用量を守って施肥するように気をつけましょう。

 

霜に注意して、次の年も花を咲かせよう

フリージアは球根で夏越しをして、次の春にも花を咲かせます。植え替えや冬場の霜対策など、さまざまな点に気をつけて管理してあげましょう。ここでは、フリージアのお手入れ方法をご紹介します。

 

植え替え

フリージアは同じ土へ植え続けていると連作障害を起こすことがあります。鉢植えであれば、毎年新しい土へ植え替えしてあげましょう。地植えの場合も、2年~3年に1回は植え替えを行いましょう。適期は花後の6月ごろです。地上に出ている葉や茎が枯れたら球根を掘り上げて土を落とし、風通しの良い日陰で乾燥させてから保管しておきましょう。9月~11月に再び植えつけします。植えつけの際には、元肥として肥料効果が約1年間持続する「マグァンプK中粒」を土に混ぜ込みましょう。

 

分球

フリージアは分球で増やすことができます。球根を掘り上げたとき、小さな子球がついていたら取り外してみましょう。ただし、子球はすぐに花を咲かせるとは限りません。植えつけから2年以上たたなければ花をつけないこともあります。分球する場合は、気長に育てていくのがおすすめです。

 

冬越し

秋植えのフリージアは、冬の時期を小さな苗として過ごすことになります。気温が下がっている場合は生育が停滞しますが、春になればぐんぐん育つはずです。基本的に、3℃を下回らない地域であれば屋外で冬越しは可能です。ただし霜がつく可能性があるときは、わらや腐葉土、ビニールなどでマルチングを行いましょう。鉢植えの場合は屋内に移動させて管理するのがおすすめです。日当たりが良く、エアコンの風が当たらない場所へ置いておきましょう。

 

剪定

フリージアは球根をつくる植物です。花が咲いたあとは地上に出ている茎や葉は枯れ、球根だけで夏を越します。花が枯れたら、花のついた茎のみを切り取りましょう。このとき、葉を一緒に刈り取ってしまわないように注意します。葉を残しておかなければ光合成が行われず、球根に十分な栄養が行きわたらないためです。葉が自然に枯れるまでそのままにしておくことで、球根が充実していきます。葉や茎が黄色く枯れたら球根を掘り上げ、次の植えつけを待ちましょう。

 

おわりに

フリージアは春にぴったりの可愛い花を咲かせるのが魅力です。単独で植えても可愛いですが、ほかの植物との寄せ植えにすると、より華やかな姿を楽しめます。春の開花へ向けて、ぜひ栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用のご購入はこちら
マグァンプK中粒のご購入はこちら
ハイポネックス原液のご購入はこちら

この記事に関連する商品について

ハイポネックス培養土 鉢・プランター用

元肥マグァンプKを配合!鉢やプランターにそのまま使える培養土

  • プランター植え植物に最適な培養土です。
  • 元肥として緩効性肥料マグァンプKが配合されていますのでそのまま使える培養土です。
  • 植物の生育に適したpHに調整済です。
  • 適度な重量感があり、背の高い植物も植えつけられます。
  • 適度な排水性、通気性、保水性があり、保肥性にも優れています。
  • 厳選された原料を使用し、清潔で、ベランダや室内、玄関先でも安心してお使いいただけます。

ご購入はこちら

詳細を見る

マグァンプK中粒

初めての園芸に使える心強い味方!
植えつけ・植え替え時に元肥として土に混ぜ込むだけ!

  • いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、ゆっくり長く(約1年間)効き続け、植物の生育を良くします。
  • リンサン効果で丈夫な根をつくり、花・実つきを良くします。
  • 草花・球根・野菜・観葉植物など、いろいろな植物に適しています。

ご購入はこちら

詳細を見る

ハイポネックス原液

初めての園芸に使える心強い味方!
水でうすめて使うだけ

  • 植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合しています。
  • チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などいろいろな植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。

ご購入はこちら

詳細を見る

この記事が気に入ったらシェアしよう!

鮮やかな花の色と可憐な花の姿を持つフリージアは、春の陽気にぴったりの愛らしい花です。花の時期には甘く爽やかな芳香が漂うため、香りを楽しみ...

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Hatena Bookmark
  • LINE

  • 公式アカウント
  • 公式アカウント
  • ハイポネックスガーデンショップでお買いもの

特集Future