トマトを選ぶ

へたは青々とピンと張っていてみずみずしいものを選ぼう。

収穫後まもないトマトのヘタは厚みがあって鮮やかな緑色ですが、時間が経つとしおれていたり、丸まって黒ずんだり、黄色くなったりします。

トマトは実よりもへた部分のほうが水分の蒸発が早いため、へたから先にしなびることが多いです。収穫後時間をおいて赤くしたもの(追熟させたもの)は、へたが褐色になっています。

トマトは収穫したその瞬間に、甘さが決まります。追熟させても、実の中で糖分が増えることはありません。スーパーに並ぶトマトは流通の都合上、どうしても青い状態で収穫されることが多いので、赤く熟れてまだ硬いトマトでもヘタは褐色で枯れた状態になっていることが多いです。

形がよいトマトがおすすめです。

トマトは一般的に角ばっているものや凹凸があるものは、中に空洞ができたり、水気も少なくて味もよくないという傾向があるので、出来るだけ綺麗な球形に近いものを選ぶようにしましょう。

完熟しすぎるとやわらかくなって、甘味も薄れてしまいます。熟す段階でへた付近からひび割れが入ってしまうことがあります。ひび割れの部分から鮮度は落ちますので、選ぶ際はひび割れのないものを選びましょう。表面が固く、ずしりと重たいものを選ぶようにしましょう。

トマトのお尻に放射状の筋を見つける

お尻の先から上のヘタに向かって放射状に現れる白い線は、与える水分を減らして糖度が上がっている可能性の高いトマトです。この線は「維管束」という水分が通る管で、水が足りない環境になったとき、実に糖分を蓄えている管です。この管が浮かび上がるのです。 ちょうど星のような形になったものほどおいしいです。「お尻の星」がなくても完熟していて十分「美味しい」トマトもありますので、絶対条件ではないです。

夏場はトマトの糖度が上がりにくい時期になります。そういう時期は出来れば高地で栽培されたものや、完熟してから収穫された地元のトマトを選びましょう。

トマトを保存する

真っ赤に熟しているものは、袋に入れるかラップをして冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。最適温度は8~10℃程度です。冷蔵庫での保存は、1週間程度もちます。

まだ青みの残っているものは、カゴなどに入れ風通しのいい場所で常温保存する(最適温度は10~15℃程度)と自然に熟して赤くなりますので、追熟させてから冷蔵庫へ入れましょう。

 

冷蔵庫での保存は、トマトはヘタを下にして重ならないように保存します。さらにキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れてしっかりと口を閉じることによって、熟れすぎることを防ぐとともに、トマトから出るエチレンガスが他の野菜を早く熟させてしまうことを防ぐことができます。重なり合うとその部分から早く悪くなるのでくっつかないように並べるのが大事です。 5℃以下の環境で保存すると低温障害を起こし、実がぶよぶよとしてハリがなくなり、食感や風味も落ちます。保存は5~10℃の野菜室で保存しましょう。

 

切ったトマトはラップに包んで冷蔵保存します。1~2日で使い切りましょう。

 

丸のまま、冷凍保存も可能です。冷凍するとトマトの細胞が壊れるので、リコピンが流出しやすくなり、より体内に吸収されやすい状態になります。

トマトのお尻を中心に放射状に筋が入っているものは、甘い可能性があります。

ゼリー状の部分にはペクチンが多く含まれ、血中のコレステロール値を下げる働きがあり、血液がサラサラになりますよ。

乾燥させてドライトマトにしてもおいしいですよ。

放射線状に出ている白い線のギリギリ外側を切ると、ゼリーがこぼれにくいですよ。

トマトの豆知識

トマトといえば、リコピン

トマトに多く含まれているリコピンには、美肌効果や、二日酔いを覚ます効果、日焼けを防止する効果があり、疲労回復などにも優れていると言われています。

リコピンは体内で生成されず、摂取したリコピンも一定量以上は蓄積できないので継続してとり続けることが大切です。リコピンの1日の摂取目安量約15〜20mgに対し、生食用トマトには約3mg、加工用トマトには約9mg含まれます。リコピンは皮の近くに多いので、皮ごと食べるようにしましょう。

リコピンの上手な摂取の方法

リコピンは生よりも加熱処理した方が、吸収率が約2〜3倍あがります。そして油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると体内への吸収率がさらに上がります。

リコピンは1日の中で、どの時間帯が一番吸収率が良いか知っていますか?

正解は朝の時間帯です。朝の時間帯は吸収率も高く、吸収される時間も短いので朝がおススメです。

 

僕の父はトマトが苦手なので、ケチャップでリコピンを摂取しています。

加熱することでトマトの細胞壁が壊れ、リコピンが吸収されやすい状態になり、油を使用しているのでさらに吸収率アップです。

市販のケチャップは、「加工用のトマト」を使用していることはご存じですか?

「加工用のトマト」は露地栽培されており、トマトが熟してから収穫されるので、リコピンが多く含まれています。(一般的なトマトは流通の関係上、熟す前に収穫されることが多いので)

さらに「加工用のトマト」は一般的なトマトに比べ、ゼリーが少なく果肉が厚いので、リコピン含有量も多いのが特徴です。

トマトが赤くなると医者が青くなる

トマトが熟す季節は、トマトを食べて病気になる人が少なく、患者がいなくなり仕事が減った医者が青くなってしまう、というヨーロッパのことわざがあるほど、トマトには栄養がたっぷりです。リコピンの他、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・カリウムも豊富です。

ミニトマトは一般的な大玉トマトに比べ大きさは小さいですが、大玉トマトより栄養価が高いといわれています。

 

僕の父のようにトマトが苦手な人はトマトのゼリーの部分が苦手という人が多いように思いますが、ゼリーの部分はうま味成分の「グルタミン酸」と、身体の疲労物質を分解してくれる「クエン酸」があるので、少し酸味を感じますが、旨みも感じる部分です。

品種

大玉トマト

桃太郎(愛知)

大玉とは、おおむね200g程度。日本のトマトは生食に向く「ピンク系」が主流。

果肉がしっかりしていて、熟しても実が崩れないのが特徴。オレンジ色の「桃太郎ゴールド」などもあります。

ミディトマト

フルティカ(佐賀)

糖度が高めの中玉トマト。50~100g程度まで幅があります。水を絞って栽培したフルーツトマトも多いです。皮が薄めで食感が良く、生でも加熱でもOKです。

フルーツトマト

アメーラ(静岡)

アグリドリームNK

郡築トマト

栽培時に水分を極力おさえて完熟させ、一般的に8度以上に糖度を高めた高糖度トマト。「フルーツトマト」とは特定の品種の名前ではありません。

ファーストトマト

レディファースト(茨城)

全国的に産地が少なく、茨城県龍ケ崎市と愛知県の2地域のみで生産されている希少価値が高いトマトです。トマト本来の味が濃く、甘みと酸味のバランスがよい昔ながらのトマトです。

 

ミニトマト

ミニトマトファンゴッホ

オランダの品種で、果皮はパリッとして甘味と酸味のバランスが良いトマトです。すべてのトマトが赤くなった状態で房ごと収穫できるトマトです。名前の由来は芸術家のファン・ゴッホより。

ガーネット

ミニトマトよりも一回り大きく、イタリアントマトに似た楕円形。果皮は少しかため、果肉もかためだが果肉は甘いです。

カラフルトマト

ミニトマトには多くのの品種があり、色も赤や黄色、黒、緑などあります。形も丸型、ロケット型などがあります。

マイクロトマト

1粒が直径5~10mmの極小粒。皮が薄く食べやすいです。酸味は少なく糖度は高いです。

トマトの原産地は南米アンデス山地で、原種はこのマイクロトマトのような小さな実です。

いろいろなトマト

フラガール

まいひめ物語

プチぷよ

優糖星

赤金トマト

レトロトマト

スイートマイルドトマト

太陽の子セレブ

ももりこ

オスミック8

オスミック9

オスミック10

オスミックプレミアム

スーパーフルーツトマト

徳谷トマト

麗容 みそら 桃太郎

黒トマト「織部トマト」

麗容 みそら 桃太郎

スターマークが出ています

「イタリアントマト」ピオレンティーノ、 サンマルツァーノ、 ストライプキャパーン、 ローマ

月姫 赤

月姫 黄

うしの恵フルーツトマト

グリーンゼブラ

トマトの肥料

トマトの肥料

土に置くだけカンタン!トマトがおいしく育つ肥料。

関連する記事