すもももももももものうち? 

2021.02.04

「スモモも桃も桃のうち」は本当は桃のうちじゃない。

すももの中で、赤っぽいのは日本すもも、英語で『プラム』、紫色をしているのは西洋すもも、フランス語で『プルーン』と呼ばれています。ちなみに、すももはバラ科サクラ属ですが、桃はバラ科モモ属なのです。


【月光】山形

収獲期間が短く生産量が少ないことから“幻のプラム”とも言われています。
果肉はとろけるようにやわらかく、濃厚な甘さで、口の中で果汁があふれます。

【あかり】山形
赤い果皮で果肉は少し硬めですが、甘さが強くとてもジューシーです。表面に見える白い粉はブルームで、果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから守るため自然に出来るものです。新鮮な証拠とも言えます。とても美味しいのでおすすめです。

【光李(ひかり)】山形

光李プラムは山形県のオリジナル品種です。まだ収穫量が少なく一般的にはあまり流通していません。果皮も果肉も黄色で、やわらかいですが締まっていて、酸味が少ないので甘さが引き立ちます。

【峰満(ほうまん)イエロー】山形

袋がけ栽培をしているので果実は黄色くなります。 熟すと酸味が抜けて柔らかくなり、黄桃のように甘くなります。 出荷量はごくわずかなので、見つけたら是非、食べてみて下さい。

 

【ハーコット】 長野県千曲市
ハーコットはアンズです。日本のアンズは生食に適さないものが多いですが、これはカナダの品種で、生食できるアンズです。果皮は手でむくことができ、果肉は柔らかくねっとり。酸味が少なくとても甘いです

【シンジョウ】和歌山県田辺市
“スモモ界のプリンス”ことシンジョウです。日本で唯一JA紀南だけが栽培しているスモモです。樹上完熟させるので、一般的なスモモよりも糖度が高く、13度から15度あります。酸味も程よくあり、とてもジューシーで香り高いスモモです。

【ホワイトプラム】
ホワイトプラムは果皮果肉がともに淡い黄色です。とても柔らかくジューシーです。

【サンタローザ】
サンタローザは昔から日本にある品種です。ジューシーで甘味が強く、酸味は少ないです。すもも好きにはたまりません。

【紫峰】
紫峰は「月光」×「大石早生」で登録された品種です。ジューシーでとても甘みが強いですが、酸味もあり濃厚な味わいです。

【笑李(スマイリー)】山形
とろける果肉と、笑っちゃうくらいの甘さ。名前の通りスマイリーです。

【愛李(ラブリー)】山形
トロトロジュルジュルで、甘味たっぷり。適度に酸味もあり美味しいです。

【レッドビュートプラム】 山梨

山梨県オリジナル品種。皮が薄く剥きにくいので、皮ごと食べるのがおススメです。皮は口に残りにくいです。皮に酸味がありますが、果肉が糖度11度~15度あり一緒に食べることで、甘酸っぱさを楽しめます。

【サマービュートプラム】 山梨

サマービュートプラムは大玉種で、糖度18度のプラムです。果肉はとてもジューシーでプリプリして、後味もさっぱりしています。皮に近い部分がやや酸味が強いので、皮は剥いて食べました。

【紅りょうぜん】 山梨

果肉は緻密でやわらかくジューシーです。あまり市場には出回っていないですが、見つけたら絶対買いです。果肉は黄色ですが、熟すと外側から紅く染まります。糖度は13~14度で甘いのですが、酸味が若干あるので更に甘さが引き立ちます。

【太陽プラム】 山梨

大きめで、表面にブルームがたっぷりのプラムです。酸味が抜けて強〜い甘味があり、ジューシーでした。あまり熟しきってない部分はシャキシャキ感がありオススメです!

【レッドエースプラム】 山梨

表皮は熟すと全体に赤黒く色づき、果肉は真っ赤です。皮は薄いですが、きちんと酸味があります。甘みも強いので、すももらしい味です。

【花螺李(がらり/からり)】鹿児島  台湾原産の小ぶりなスモモです。 奄美大島では「奄美スモモ」や「奄美プラム」とも呼ばれ、島の特産になっているそうです。酸味が強いので、果実酒やジャムなどに向いているとありましたが、完熟したものを食べたら、酸味はなく、葡萄の皮付近のような風味でした。

【エレファントハート】

断面がハート型だから、「ハート」という文字がついたのだろうと思っていましたが、調べてみると『象の心臓』という意味のプラムです。熟すと果肉が真っ赤、というより濃い赤色で、かなり柔らかくなり、とろっとろです。甘みが強めですが、程よい酸味もありました。

【恋花火 (こいはなび)】 山形産

果肉は黄白色で硬く緻密な肉質で歯ごたえがあります。糖度が高いですか、ほんのり酸味もあり、濃厚です。
なんともいえない甘みのある独特な香りがありました。

関連する記事